新入荷品

マミヤフレックスII

          P1760918

二眼レフは 右手で シャッターを切る・・・を具現化したマミヤフレックスII


マミヤの二眼レフは工業 写真を学問として学んでいたころ、C型は レンズ交換が出来るので仲間内でレンズは共有すると言うことで、C2 ボディを買うのにヒーヒーいわされた思い出がある・・・今回はそのマミヤのお話しです。

いつも 勉強させてもらっている 二眼里程標さんの ページによりますと ドイツ製カメラのコピーが蔓延していた日本のカメラ業界で、1939年の創業以来、圧倒的な技術とアイディアでオリジナリティ溢れるカメラを次々と発売したマミヤ。


二眼レフのカテゴリにおいても、1949年発売のマミヤフレックス・オートマットAで早々に、セルフコッキングどころかフイルム装填のフルオートマットまでも達成し、レンズ交換式のシステム二眼レフ・マミヤCシリーズは国産二眼レフの砦を最後まで守り続けた。


ご案内のマミヤフレックス2型は、1952年に発売された径の大きなシャッターが特徴的な外観となっている、 外観的特徴になる 上下レンズがギア連動式のため一見すると廉価な普及機に見えるが、その実は4枚構成のセコールレンズを採用しセルフコッキングに対応した中級機でも上のクラスと言える装備のカメラなのです

幅広の白枠で縁取られたシャッターにはセットレバーとオートマット機構がが内蔵されたメリットと呼ばれるシャッターは、最高速1/300秒でB(バルブ)を境に1/200・1/300だけが独立している仕様。 そのシャッターに世田谷光機(マミヤ世田谷工場)製セコールレンズを4枚構成とした 拘りレンズをマウントしている、ズイコーレンズと比べてカビ/クモリ の発生が少ないように自分は思っております。


なかなか完成度の高いカメラだと思うのですが  二眼里程標さんの ページ にも・・・ギア連動の外観によって誤解されているのか中古市場での評価はあまり高くないようだが、「能ある鷹は」のことわざではないがその実力は実用十二分な爪を持つ二眼レフである。 と締めくくられております。


2022年 5月26日  ただいま整備中。




| | コメント (0)

ツァイス・イコン あれこれ・・と

          P1760882

ツァイス・イコン あれこれ・・と

あるコレクターからの 頼まれモノで ツァイス・イコン 好きの方がお持ちだったとの事、 コンティナ(イコンタ35)に社外レンズとなるシュナイダー社のレンズが載せられた限定モデルや、一見 マミヤシックスに見える ツァイス・テッサー75mm3.5 搭載の 希少とされるスーパーシックスIII型など、高画質を楽しめる機械 などが揃っている気がします、

外観は 特に 目立つ アタリ/サビなど無くキレイな状態に見えますがが、念のため 内部機構の整備を済ませてから どう販売するか を検討予定。

| | コメント (0)

かなり珍しいとされる・・・Shinkoh ラビットII 型 とI 型 後期

 

          28160a

かなり珍しいとされる・・・Shinkoh ラビットII 型 と I 型 後期

 

世界の有名ブランドの素晴らしさは 自分も その通りだと思っており 認めてもおりますし 間違いのない事ですが、 今回は それは横へ置いておき、マイナーな Rabbit のご案内を・・・ と思っております、

まず カメラ雑誌などでは 取り上げられることが無かったようで、手元の資料雑誌、web上の camerapedia でも思う記述が見つからず、修理のオジさんに聞いても「ワシに 聞くな」とバッサリ 斬られてしまった・・・

先輩のコレクター諸氏に聞くしか無いか なぁ・・どうしょう


お互いの 都合のいい時だけ 話が弾む コレクターのM氏を「アテ」にして訪ね 話をするのですが「・・・」で、アレコレ手持ちの雑誌を引っ張り出してはみるのですが 「載って無いし、ワシも知らんわ」で分からないままで、 取り合えず 折角の資料として出して頂いたものですからコピーをしながら
他愛も無い話が続く・・・、

               P1760884

話の途中で思い出したように「あのなぁ エエモン があるんゃ、イコンタコレクターから預かりモンゃ・・」と水を向けられる、「来たっ」と思わず身構える、  ツァイス・テッサー75mm3.5 付きの イコンタシックスIII型ゃ、イエナやオプトンと違うからなぁ スーパーセミイコンタに付いてたら 桁が違うでぇ・・と詰め寄られ、付き合いもあって 断れず 買わされてしもうたのが、写真の機械で 整備を検討中・・・・。

               P1760882

 

|

エンサイン セルフィックス 12-20 スペシャル

          28110

エンサイン セルフィックス 12-20 スペシャル

英国の誇るスプリングカメラです、ホートン社時代からのエンサイン セルフィックスのブランドを踏襲し、ロスとの合併後ロス・エンサインとしてバリエーションを展開した1950年代にセルフィックス 12-20 は登場します。 大きく分けると目測式・連動距離計そして単独距離計を載せたセルフィックス 12-20 スペシャル の3種類のバリエーションがあります。


ロス時代のセルフィックスはシッカリしたボディが特徴で、堅牢ではありますが 少しく大型になるので 6X9 規格の820系と6X6規格の12-20系が展開されました。 大画面の6x9は高画質を得るためには必携のカメラだと言われています・・・レンズは何といって3群5枚構成の高級レンズ、ロス・エクスプレス 105mm3.8の描写力が最大の魅力です、またこのレンズを使いたい為だけに、揃える方もいると聞きます

その 820 を6X6フォーマットとして、小型化した エンサイン セルフィックス12-20 が今回のご案内機となります。


エンサイン社の歴史は古く、かってイギリスにあったガラス乾板、フィルム、レンズ、カメラのメーカーであったHoughton:ホートン社が基礎になり、時代の変化で高級ウッドカメラのサンダーソン、フィルムのバーネットさらに光学機器のロスなどと合併を繰り返し、エンサインブランドのカメラを製造したイギリスを代表するカメラメーカーのひとつです。


エンサイン社はオートレンジは距離計連動の高級版、セルフィックスはファインダーのみの普及版のネーミングとし、単独距離計を載せたモデルにはSpecial の名を付けています。 また 製品番号は撮影可能枚数と使用フィルムを表し、12-20は120または620フィルムで6×6 判が12枚撮れますよ・・と言う具合に、例外はあるものの分りやすく名前をつけています。


当機はロス・エンサイン社が1950年中頃に発売した非連動距離計搭載式のセルフィックス 12-20 Special、 特徴は620・120フィルム兼用としたところで、大きさと巻き取り穴規格の異なるスプールに対応するのです、このアタリが島国根性丸出しの自分にとっては魅力というか・・・思わず「ニクイねぇ・・」と言いたくなるのです・・・

 

ご存知の通り、6x9 に比べコンパクトな6X6は縦横と構図を意識せず、カメラの構えを変えて楽しめるところが、いいのですょ・・・


2022年 5月10日  不具合無く動作するようですが、動きにシブさもあります、念のため整備を考えております・・。

2022年 5月17日  ボディ側の整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 レンズはクリーニング後発送となります  XXXXX円

2022年 5月17日  売り切れました、 いつもありがとうございます。

|

マミヤ シックス の 魅力・・・

            28104a

 

マミヤ シックス の 魅力・・・

さて、マミヤ シックスの 使い勝手の良さ、メンテなど耐久性も高く、個人的にも好きな機械ではあるのです、姉妹機やバリエーションも多く、それぞれのファンが 根強い人気を支えていらっしゃいます。

今回は、いつも勉強させていただいている ハヤタ・カメララボ さん のページ引用での ご案内と致しております。


記事によりますと・・・マミヤシックスは、国産スプリングカメラの中では圧倒的に修理のご依頼が多いカメラです。現在月に数台のペースで整備しています。それはこのカメラが現役だった当時、よく売れたということの証明と言えるでしょう。実際マミヤシックスは「中判カメラのマミヤ」の基礎を築いた日本を代表するスプリングカメラの大傑作機のシリーズで、累計で40万台以上を販売したと言います。


最初のマミヤシックス1型は今からおよそ65年前の1940年(昭和15年)に発売されています。最初のモデルから連動距離計を備えたハイスペックなカメラで、蛇腹折り畳み式の構造で距離計連動とするため、ピント合わせはフィルム面を前後させるバックフォーカス式という画期的なアイデアを採用しています。


実際ピント合わせはボディ背面の大型のノブを右手親指で回すため非常に操作性が良く、当時国産機を品質と性能で大きくリードしていたドイツ製のスプリングカメラに対しても優位性がありました。設計は間宮精一氏であることは言うまでもありません。

マミヤシックスは品質も性能も素晴らしかったため、大好評を博し、戦後スプリングカメラが主役だった時代に大きく発展します。レンズはオリンパスのズイコーレンズを採用、シャッターユニットは国産最良であったセイコーあるいはコパルで、ファインダーも早くから一眼式、フィルムの自動巻止めも備わるなど、文字通り国産6x6cm判スプリングカメラのトップモデルとなっていったのです。

そしてついに6x6cm判スプリングカメラで世界初のセルフコッキング機構(フィルム巻き上げと同時にシャッターが自動的チャージされる)を備えたモデルが、今回ご紹介するマミヤシックス・オートマットなのです。1955年12月の発売です。これによってマミヤシックスは、世界の6x6cm判スプリングカメラの頂点に位置することになったと言って良いでしょう。世界最高と言われたツァイス・イコン社のスーパーイコンタのシリーズでさえ、ついにセルフコッキング機能は実現できなかったのですから・・・とあります、詳しくはこちらをご覧いただければと思います


この度 初期型と最終期のオートマットをあるご縁でご紹介できる事となりました、完成されたオートマットの魅力は絶対なのでしょうが、特徴的な外観の初期型にはそれなりの魅力もあるように思っております・・・はたして?

2022年 5月25日  初期型 整備、動作確認完了 カメラキッズホームページにて販売中  21230円

|

トプコン Super DM + RE GN トプコール M 50mm f1.4 ②

 

          28086

トプコン Super DM + RE GN トプコール M 50mm f1.4

自分は地方都市の三宮が職場で、問屋/仕入先 との関りもあったようで トプコン製品は 「 蚊帳の外 」 で、個人的な思い出としてですが 東京光学の一眼レフは 学生時代に レンズ張り合わせに紫外線を吸収するバルサムを使ったUVトプコール搭載機のウインクミラーS を使っただけで、社会人に成ってからも流通の関係で接することなく過ごしてきたのです。


それでも、東京光学のRE トプコール 58mm1.4 の素晴らしさは何度となく聞かされるので感化されていったのでしょう、個人的にも入手し マウント径の小さなエキザクタマウントにも関わらず f:1.4 の口径比でありながら f:1.2 を思わせる押し出しの効く外観は魅力的で、根強い人気に推されるようにして フォクトレンダー/コシナ から 数量限定でリメイクレンズが発売されたほどだったのです。

今回 次のご案内記事は「出品者のひとりごと・・」としてweb 公開されておられる 記述からの引用になります。

ウェブ記述によると・・・最近とみに市場価格が高騰している銘玉と讃えられている東京光学製標準レンズ『RE GN TOPCOR M 50mm/f1.4 (RE/exakta)』です。当時の東京光学製標準レンズの中にあって「唯一のマルチコーティング」モデルであるが故に、モデル銘の中に「M」刻印が含まれています。

この「RE GNシリーズ」の最大の特徴は、手に取って操作してみればすぐに「えッ?!」とオドロキを伴って理解できますが、無限遠位置から距離環を回した時に途中からいきなり「ググ〜ッ」と鏡筒が飛び出てくる他のオールドレンズとは異なる繰り出し/収納方式をする点にあります (通常繰り出し/収納は一定量なのが一般的)。つまり「可変直進式ヘリコイド駆動」なのですが、それは内部構造に「昇降機能」を持たせているからに他なりません。

では何故そのような特異な駆動方式で設計したのかと言えば「フラッシュマチック装備」が最大の目的です。

このフラッシュマチック機構は、ストロボのガイドナンバー (GN) をセットすると、自動的に適合する (ストロボの照射光が届く) 撮影距離と絞り羽根の開閉幅 (開口部の大きさ/カタチ/入射光量) が連動してセットされ、且つ絞り環のクリック感まで解除されてシームレスに (実絞り状態のまま) ピント合わせに集中できると言う優れモノです。

          P1740227_20211007125501

すると確かにフラッシュマチック機構を使わない (フラッシュ撮影をしない) なら意味がありませんが、実はフラッシュマチック機構を装備するが為に「専用の光学設計が必要だった」点が大変重要です。もちろん距離環の駆動方式 (鏡筒の繰り出し/収納) が特異である点も加味されますが、それは何だかんだ言って 写真には結果として現れることはないのです。


従来のヘリコイドとは異なる シームレスな (可変式の) 鏡筒繰り出し/収納方を開発しているのです、このモデルの素晴らしさは 外観からは まず 理解できないと考えます。全てはまさしく東京光学の意地を架けたとも言える・・・と 紹介されております。

緻密なレンズと聞かされておりますので 念を入れての整備/点検検討中、 また
組み合わせで販売予定しておりました Super DM のメーター調子が 「いまひとつ・・でなぁ」と言う事で、様子を見ております。


2022年 4月 27日 前述の事情です、少し長めのお時間をいただきます・・宜しくお願い致します。
        

| | コメント (0)

Shira : シラー三脚 ・・・って知ってる?

 

 

          P1760367

超軽量・・受注生産だった Shira : シラー三脚

5~6年前だと思います、一度ブログに載せた記憶があります、めったに見かけない三脚のひとつになろうかと思っております・・・ざっと30年前に超軽量を売り物にしたアルミと樹脂パーツを組み合わせ、軽量化と剛性を達成すべくハンドメイド的三脚が存在したのです。


Shira : シラー というブランド だったのですが、カメラ屋に並ぶわけでもなく、受注生産・後納・メーカー直販という販売体制のため記憶があやふや・・・間違いはご容赦。 受注生産のためシリアルナンバーがあり、希望によって名前が刻まれるなど いかにもあなたのために作りましたょ・・・感があったのですが、価格が「えっ、まさか・・」だったのです。

ご存知の方は極一部だと思われます、ウェブ上でもまずヒットしません、はたして シラー三脚とは・・・?

商品そのものが 店頭に並ばない、メーカー直販三脚の為、自分は3度しか見たことがありません、3回とも長さが違っており、確かにスリック、ベルボンと比べると軽量であり、締め付け部もシッカリしていたのです、詳しく説明できるほど触れる機会も無く 力不足はご容赦ください。

 

写真は 出来るだけ 多くの角度から 細部の機構などが 分かるように写したつもりです、シラーブランドの雲台は自分にとって初めてですので、写真にてご判断願います。

 

2022年 5月 3日  動作確認を確認いたしました、カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2022年 5月 3日  売り切れました  いつもありがとうございます。

 

 

 

|

コダック 35

 

 

          28076

世界一 醜いカメラと言われた・・・KODAK 35


よく見かけるカメラではないかと思っております、ちょっと変わったまとめ方が形になった・・明日のカメラって気がするのです・・・はたして?

ひさしぶりの 距離計付きの コダック35・・・・カメラの性能・機能より、何とも言えない 出たり へこんだりの特異な外観に 人気があるのかもしれません・・・ウェブ記述などを参考にしますと「世界一 醜いカメラ」と呼ばれてたこともあったようで、自分もニコンF2 全盛時代に 初めて このコダック35を見た時は「何 これ‥?」と思ったものです。

 

さて、この距離計付きコダック35 に関して、自分が知る範囲の説明として・・・アメリカ・コダック社が初めて 1938年に 初めて
パトローネ入り35mmフィルム:135規格 を使用するカメラ「コダック35」を発売したのです、その3年後に距離計を搭載し
ピント合わせと連動させたコダック35が発売されてます、便宜上コダック35RFと呼ばれることが多いです。


ボディ本体は初期モデルと同じくベ-クライト風の樹脂製と思われます、それに光学ファインダーと距離計を載せ上げたまとめ方なのです。 ここまでは定番通りですが、外に張り出したカバーに内蔵されたバーとの機構連動のさせ方と形が一流というか特殊に自分には見えたのです・・

 

個人的には 必要なところに 直接 操作ノブ、レバーなどがあるのでバラバラな気がしますが、その後研究開発され、スッキリと収まるようになるのは間違いないので、ある意味 「明日は‥なろう の機械」のような気がして、味があって いいなぁ・・・と思うこの頃です。
 


話が前後するかもしれませんが、この頃(1950年前後)からコダックは自社の高級レンズを開発していたようで、当機搭載レンズはKodak Anastigmat Special 50mm F3.5 が付属です、コダック・ロチェスター工場製とされています。


コダック社の超高級機 エクトラの Ektar 50/3.5と同じ様な設計らしいのです、優秀なレンズになるのかもしれません。。


状態として、ケースに入れて使用されたと思われ、年代にしては操作傷や黒ずみ感も少なく
比較的キレイな状態で入手出来てはいるのですが、年代による粘りなど鑑み
念のため、修理のオジさんに無理をお願いして、距離計動作・巻上げ・シャッター整備を済ませました、 シャッター機構に3ヶ月の保証が付いています。


よき時代のアメリカ製のタフな機械です、お探しの方に おススメです。

 

2022年 4月29日  整備完了 カメラキッズホームページにて 販売中 XXXXX円

2022年 5月20日  売り切れました ありがとうございます。

|

TOPCON 35B

 

          28069a

距離計機構を 二つ? 組み込んだ TOPCON 35B

随分前から 買おう買おうとしていたのですが、このシリーズの35A、35B 用の 交換レンズが諸事情で揃えることが出来ず過ごしてきたのですが、気の合う年上のコレクターM氏と サンマルシェで四方山話中に「トプコン35Bの望遠って 見たことあるぅ? 何で あんなに高いんょ?」と ぼやく自分に・・・

 

ニコ・・と作り笑顔で「持ってる奴らはなぁ そのレンズを投資物件とみてるんゃ、お前も株持ってるから分かるやろぅ」の一言に、「そういう事か・・思う値段になったら 手放すつもりなんゃ」 まるで 外国の投資家みたいな奴ゃなあ、 働いて稼ぐ・・つまり労働で稼ぐ事が出来ない、出来なくなることを考え、手持ちの資産を増やしたい人が そうするんだ・・・他人の思うつぼ にハマるだけかと思うと、写真を学問として、自分や同趣の方々の居場所になればと、利益ともかく 楽しめるネット通販ショップ運営を目指してきたのに・・と 何というか 冷えきってしまって、このブログを書いています。

          28069

そんなこんなの・・距離計機構を 二つ? 組み込んだ 上写真の TOPCON 35B を あるご縁でご案内できることとなりました、望遠レンズはカメラの2倍ほどのするんだょ・・ってな話になりそうだったので、追いかけないでスルーしてきました。

 

入手した機械は距離計に不具合があるようで、どうしたものか 修理のオジさんに相談中、しばらくお時間をいただきます。

 

2022年 4月20日  ただいま 整備中・・2-3日お時間を との事で、楽しみです!
2022年 4月23日  整備/動作確認完了しました カメラキッズホームページにて販売中  XXXXX円
2022年 4月24日  売り切れました いつも ありがとうございます。

 

 

          

|

Diaxette:ディアックセッテ

             28063

Diaxette:ディアックセッテ


コンパクトカメラとして馴染みのないというか、ほとんど無名に近いのですが、自分はチマチマとして多機能満艦飾な機械機械したトランジスタグラマーカメラは理屈抜きに好きで、探し集めて過去に2~3度ほどホームページにて掲載したことがあります。 デアックス社はあの戦後1950年当初には姉妹機を含む初期型を完成させていますから、軍需などで ある程度の製造ノウハウを得ていたのでしょう。

 

パトローネ入りの35mmフィルムの普及につれ35mmカメラの需要が高まる中、知名度のないメーカーは、セールスポイントとなる特徴を形にまとめるしか術が無かったのでしょう。 ディアックス Ia はコンパクトでありながら、レンズ交換が可能・・35mm、50mmと90mmあたりのレンズが用意され、各焦点距離専用のファインダーがボディに内蔵されているのです・・・つまりファインダーが3ッあるのです。

      28063aa

上写真のように35mm用、50mm用そして85ー90mm用が用意され、それぞれ色付けされたファインダーガラスで識別出来るなど、気配りも忘れていません。 


そんなメカ満艦飾な機械が多いのですが、今回 Diaxette:ディアックセッテ というシンプルな機械を入手しました、巻き上げはノブ式ですがオートコッキングで、機構的な部分はカバーされスッキリというか「シュッ」とした佇まいで、こういうのも捨てがたいなぁ・・と思われませんか?

きっと、機械好きの方にとって ご興味を惹かれるはず・・・念のため、ただいま整備中 もうしばらくお待ち下さい。


2022年 4月19日  シャッター機構に軽いネバリあり、ただいま整備中、完成後カメラキッズホームページ公開予定。
2022年 4月20日 星美/動作確認完了 カメラキッズホームページにて販売中  29480円

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

思うこと・・・ 新入荷品