思うこと・・・9

20776
思うこと・・・9

生業とはいえ古いフィルムカメラに囲まれ、整備、調子を取ったり、アレコレ言ってくる外国のビジネスパートナートとの掛け合いや 買い付け出張など 相変わらずのジタバタした日々を10年続けていると いい加減 疲れてくるというもの・・・

さりとて、今更放り出すわけにもいかず、どうしよう・・・なんて似つかわしくないことを考えていたら、修理のオジサンが 「デジタルで遊んでみたら・・」 と M42マウント加工されたクラシックレンズを作ってくれました。


ベス単レンズ、フランスのSOM など「微妙な違いがあるでぇ」 と タブレットにダウンロードされた絵には微妙な差が表われていたから、このあたりにクラシックの存在感があるとしたら、お探しの方々には ある種 貴重ではないかと・・・あらためて思うと、疲れた・・なんて戯言(ざれごと)は オッサンの独り言と捨て置きください、


自分としても、若い頃に どんなに無理しても買えなかった機械は、今になって飽きるまで買い集める性も、自分では可愛く思っているし、その存在が自分にとってのこだわりのクラシックなんだと思う。

2018年 9月29日 自分なりのクラシックを順次ご紹介して参ります、しばらくお待ちください。

|

思うこと・・・8

151214thankyouw960__edited2
思うこと・・・8

   

  こちらでは、自分の誕生日には、お世話になった方々へ お礼のプレゼントをしているのょ・・・

いつの頃かはっきりしませんが、社会人になり両親の家族との交流にも慣れたころ、歳も近く よく可愛がっていただいた叔母から 聞かされ、「誕生日なのょ お世話になったから・・」 と頃合いのプレゼントを何度かいただいている

  うちらの方では お供えは町内に寄付するから気を使わないでね・・・ミチヒロさん・・・

また、身内だからと言って 葬祭ごとでの気遣いはいいのょ、参っていただくだけで、うれしいから・・・などなど教え込まれたのが、心に沁み込んでいるのかもしれない。

普段は忘れているのですが・・・我が誕生日には 余裕のあるときは 家族にささやかなプレゼントをして、叔母の真似をするようになった、最近では 逆になって 自分の誕生日が近づくと唄うように「もうすぐ誕生日だからね・・」と嫁、娘、孫にアピールすれど反応なし・・・どうしよぅ。


さて、子どもたちも無事独立、カメラキッズを立上げ 落ち着いたころに 叔母が訪ねてくれた事がある、お互いに歳を重ね おばあちゃん と おじいちゃん なのですが、話すことは自分たちが キラキラと充実していた頃の思い出話がほとんどで、話題が尽きない・・・

祖父母の話になって、お供えの事を聞いてみたら・・・「あれ ウソょ、あなたが過分に包もうとするから、お互い子育て最中なのょ、無理をしないで・・信じてたの 」?

もしかして、誕生日のプレゼントの話も‥と聞くと あら、そんなこと、ほのめかしたっけ ホホ の一言・・・うまく言葉を選ぶもんだ、 ありがとうね 叔母さん。

 

決定、10周年キャンペーン

カメラキッズも 皆様のおかげで 今年で10周年を迎えることができます、 

ありがとう の気持ちを ささやかですが 形に出来ればと 期間を限って 全品3割引 の10周年キャンペーンを 企画いたしました。

10
楽しくお買い物いただければ これ以上の喜びはありません  カメラキッズ スタッフ一同

 

|

思うこと・・・7

20420

思うこと・・・7

飼い犬だった頃・・・ある 我が上司は、楽な仕事ばかり取って数字をあげ、数字にならないことは部下に押し付けられ、定期便で商品が届くころになると、整理作業で手がいるにもかかわらず、不思議と食事に出ていかれる・・・

石川啄木ではないが・・・誰が見ても とりどころなき男来て 威張りて帰りぬ かなしくもあるか…の気持ちになったものです

気持ちが 鬱してくると 先輩だった修理のオジさんをつかまえてはボヤいていたのでしょう、

何かの時に「お前は 人と比較する・・ソレがアカン、他人の心情や節義なんか どうでもええやん…」てなことを言われ、あの時の自分には一服の清涼剤になったのです。


良いところは取り入れ、悪いと思えるところは「あぁならないようにしよう・・」と考えられるようになると、不思議なもので、周りが先生に見えてくる。

反対意見も反省材料に、優れているところは鏡とすれば、今の自分があるのはそのおかげ、

教えてもらったことを役立てて使わないと お教えいただいた方々への反逆になるのではないか・・・。


そんなこんなの繋がりもあり、この7月でコンビを組んで10年目になる修理のオジさんが 事あるごとに 謡うように言う 「機械の修理って元の機構を推察し元へ戻す作業なんょ、でもなインターネットの普及もあり手軽な記述もあるんゃ そんなんって、その時は動くけど・・・のやっつけ修理が結構多いんょ・・」 と。


カメラキッズではオジサンに負担がないよう程度の悪いオークション商品のメンテを避け、納得出来る状態の商品化を心がけてきました。 修理コストの上昇もあり、それを吸収してあの値段で売るなんてお前大丈夫かぁ なんて 心配してくれるのか よく言われる。


事務を預かっていただいてる 税理士のKセンセも、[ あなたは大丈夫。  前年度は仕入れ高で赤字、 でも 心配しないで、一時的な利益より、安定した顧客・リピーターを大切にされてるから、最後に黒字になっていたらいいの・・」 と言ってくださる。


もうすぐ10周年、Be ambitious :大志を・・ではなくて「良くあろう・・」と訳しました、クラーク博士が 大志を・・なんてことをおっしるとも思えず、自分も 親からは「いい子でいて‥」と言われ、我が子、孫にも同じことを言ってる。 


Be ambitious・・・身を立て 名を揚げ やよ励む いい Camerakids であろうと・・思います。   
【カメラキッズ一同】

|

思うこと・・・6

思うこと・・・6P1390556味 というものについて・・・

カメラキッズでは例年通り 年末年始は閑古鳥が鳴く状態で、もっぱらの作業はパソコンのデーター整理にかかりっきり、普段は仕事に流されているようで、思うようなデーター管理が出来ていないように思われ、まさかの不具合もあり、ご迷惑をお掛けし わが力不足を反省いたしております。

 

年末行事の家屋の大掃除などを手伝い、ご近所の高齢の方々との話の中で「 家が古くなってボロボロょ、最近のツーバイの家はキレイからいいわねぇ・・」 に対してご年配のご婦人から  始めだけね、外観の耐久性がないから15年目ぐらいから塗料の劣化などで品が無くなり汚いだけ、でも瓦葺きと焼き板葺きの外観は、古くなっても「 味が ありますょねぇ・・ 」 とおっしゃった言葉が妙に心にしみ込む、そういうことか・・。

 

若い頃にカメラコレクターの某社長から聞かされたお言葉のなかに「キミはレンズの味を知らんのやろぅ、可哀そうやなぁ・・」 と言われた言葉が たたき起こされたように 胸の中に蘇る

 


それなりの方に長い年月使い込まれたものには沁み込んだ歴史があるのでしょう、若かったころには 使い込まれた外観から ただ古い、キタないとしか見えなかったのですが、心の不思議です 機械そのものの自体がつくりだす描写力に えも言えないがあるように いまは思えるのです。

 

こんなことを書いたら自分にとって都合のいいことを書いている・・我田引水の理・・と思われると覚悟の上ですが、本年は我々なりの思いからになりますが 先人の夢に共感できるような 味わいのある機械を ご紹介出来ればいいなぁ・・と スタッフ一同 そう思っています。

いい年でありますように。        

              平成30年 元旦   カメラキッズ スタッフ一同

|

思うこと・・・5

思うこと・・・5

わたくしごと・・で 申し訳ありませんが、お忙しい方はスキップいただくとして、お時間のあるお方は、3分ほど お付き合い願います。

先日、町内サークルのひとつ、高年クラブの役員会に参加し、御ひらきになろうとするころ、「北海道在住の同級生から届いたんゃ…向こうでは流行ってるらしい・・」と さる役員から 「18歳」 と「81歳」 の違い としたタイトルの次のプリントが配られた。


   道路を暴走するのが18歳、逆走するのが81歳

   心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳

   偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳

   受験戦争を戦っているのが18歳、アメリカと戦ったのが81歳

   恋に溺れるのが18歳、風呂でおぼれるのが81歳

   何も知らないのが18歳、もう何も覚えていないのが81歳

   東京オリンピックに出たいと思うのが18歳
   東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳

   「 嵐 」と言うと松本潤を思い出すのが18歳
   鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81歳

   自分探しの旅をしているのが18歳
   出かけたままわからなくなって、皆が探しているのが81歳


言い得て妙と申しますか、老いは 序列の無い順番であると理解していても
身につまされる この頃ではあるのです。

|

思うこと・・・4

思うこと・・・4

世間一般的には、何かと気ぜわしく、忙しいゴールデンウィーク・・・子供たちの賑やかな歓声に「 お疲れ様です 」とご家族の方々に申し上げたい。 自分が子育て真っ最中だった頃の記憶が断片的にフラッシュバックする。


通販専門の弊社はこの時期になると、毎年決まったように閑古鳥が鳴くので、時々お世話になっている老舗の某中古カメラ屋の親爺のご機嫌うかがいに出かけ、「 忙しい? 」の返事が「 そりゃぁ‥禁句やで 」の一言で、情報交換やとりとめのない苦労話と自慢話の掛け合いが始まるのです・・・お時間のある方はお付き合いください。


親爺によると、その昔 営業写真館などのカメラマンは写真士と呼ばれていたとのこと、 何故か医師、弁護士のように特別資格があたえれ、教員免許も無いのに「先生・センセ 」と呼ばれ ちやほや・・ の扱いだったようです。 

高価な機材による露出決定と撮影、 高貴薬を使った現像、職人技となるネガ修正、焼き付け、印画修正などすべてのプロセスが手作業だから、フォトスタジオと言うと 近代的なイメージではあるのですが、内情は ある種の徒弟制度で、一人前になるのは選ばれた一握りだったとの事。


前述の事もあり、チヤホヤされ慣れた写真館、カメラ屋の大将って いまでもエラそうにするクセが沁みついているのかもしれない。 話を戻して・・その親爺は使用人( 当時はそう呼ばれたとのこと )としての冷遇に耐え 技術を身につけ起業独立資金を貯めるため、食費を切り詰め、贅沢を避け、夜は夜で働き、小金が貯まると株利殖で資金調達などを重ねて今に至っておられる。


話しを聞いていて 胸が苦しくなる、自分とて かって結婚資金を貯めるため、子供が出来ては子育てのため、家族が増えるに合わせた住宅の用意や、カメラキッズの立ち上げ運営など・・・入用ばっかし。 そういう状態は 自分だけでは無い事は理解しているのですが、子育て家族優先と、我が娯楽を省き、食費、着るものは最低線と言う生活に慣らされた自分は「 贅沢が出来ない身体 」になってしまっているのに気付いた。


いまは事業主ですから、それなりのお付き合いや会食などなど、決してケチではないのです。 カメラ機材や会社維持用高速パソコン、光学検査機は無理しても揃えるのに、個人の食事は 何故か飽きない3個入り100円のアンパンかな、 また司馬遼太郎先生の影響もあり かつ丼 であったり、サイゼリアの日替わりランチなどワンコイン系が絶対。 それ以上のものが、あの頃のクセが沁みついているようで・・・もったいなくて食べられない。

話しは変わって、先日突然に一人暮らしをしている娘が「 かごのや」での食事に誘ってくれた、いつもはこちらが誘っても「スケジュールが・・」と、崖っぷちのアイドルみたいな返事なのに、「お父さん、しっかり食べてょ」 なんてボソッと言われると やはり娘は可愛い 改めて照れますねぇ・・・。







|

思うこと・・・3

8942

思うこと・・3

「 ミチヒロさん・・・ほら、来年 咲く準備をしている 」 と 桜並木の枝の蕾を指差しながら叔母がつぶやき ニコ・・・と誰にともなく 微笑んだ。

江田島海軍兵学校出の厳しい父親と違って、自分と年も近かった叔母は何かにつけて面倒をみては 弟のようによく可愛がってくれた。

今の時代のようにレジャーランドやファミレスがあるわけでなく、お出かけといっても町歩き山歩きだったろうと思うのですが、自分にしては大冒険だったはず、叔母の手慣れた行動が頼もしく見え、時として真似た記憶がある。

社会人になろうとする頃に尋ねた叔母といろんな話をする中で、時折 かみ砕いた「 たとえ話 」があって、あの生意気な頃なのに 不思議と自分の心のヒダには沁み込んだのです。

前述の  ほら、来年 咲く準備をしている.....ゃ

      早く咲く花は・・早く枯れるのょ

      アサガオは夜の 「くらやみ」 で力をつけて咲くのょ など


今思えば、当たり前の事ですが、説教じみた言葉ではないのに、自分にとっては力をもらえる クラシックな マジナイ であり、心のよりどころでもあるのです。

いまでも、話が楽しみで会いに行く 「あら、そんなこと言ったっけ・・ホホ」 と軽く流してくださる、


叔母さんありがとう。


 
    

|

思うこと・・・2

「クラシックカメラって・・・」 決まりがあるんですか?と よく尋ねられる、

自分を中心とした見方で恐縮ですが、昔はクラシックなどというハイカラな呼び方ではなく 中古カメラとかセコハンカメラと呼ばれていたのです、高度経済成長期で市場も活気があり、わが写真業界も右肩上がりの成長時期、毎年のように新製品が登場した時代。 新品優先市場で、買い替えなどの下取り機材が 前述のように呼ばれていました。


クラシックカメラ と いつの頃からか、誰が言い始めたのかは知りませんが、自分としては何となく面映ゆい気持ちになるのです、 だって CLASSIC って Class:クラス(組)の最上級をさす意味になると思うので、本来はクラス(組)の中で選ばれし優等生につける枕詞なのでしょう。


その枕詞を大量生産された機械に使うのは畏れ多いように感じるのは中古・セコハンの呼称で育ってきたからかもしれない。 中古・・いいえ 古いフィルムカメラがクラシックカメラと呼ばれ一つのジャンルが出来上がったいま、クラシックって・・・心のヒダに刻まれた懐かしい思い出の事のように思える。


人の記憶や憧れっておぼろげです、何か形にして 語り伝えていけば覚えてもらえる筈、 覚えていれば  それは無くならない・・万が一紛失しても同じものを、壊れたら修復すればいい、貴兄の趣味とは異なった一過性のブームに流されるのも楽しいとは思いますが、他人(ひと)は他人(ひと)です。
            

自分だけの楽しみと思い出 を大切に・・・人それぞれに寄り添っていた機械が その方のクラシックカメラなのだと自分は思っているのです。

|

思うこと・・・1

昭和 29年ごろの話しになります。 幼稚園児だった自分は通園路にあたる公園でよく遊んだ、何故 か軍服を着た外人達がテント生活をしていて、ちょっとマセた友達は気軽に近づいては、彼らに気に入られた様で時々ピーナツバターサンドイッチのようなもの をもらっては、二人で食べた。 彼らと顔見知りになるにつれ、親の心配をよそに遠巻きながら彼らの様子を眺めては遊んでいた。
  

ある時、一人の兵隊さんに手招きされ、複雑そうなカメラを「ニッ・・」と鍛え上げた笑顔で構えられ、自分は直立不動で写された思い出がある。


それがトラウマになっているとは思いませんが、親の影響もあってか、自分にはカメラがカッコいいもののように思われ、必然的に同趣味の者が集まる事となり、 話は決まって写真・写真機の事ばかり、カメラバカとして成長する事になる。 何も無いあの頃 親も食べていくのに精一杯・・・いくら望んでも写真機など買ってもらえる筈などない時代を我ら世代は寄り添うようにして過ごしてきたのです。


いま、ハイテクデジカメやL社・H社の高級カメラを揃えられても、心の不思議です・・・嬉しさは揮発するように何処かへ消えてゆくのに、
あの頃の憧れは、年を経るにつれて思いはつのり、ゆくりなく思い出のクラシックカメラと出会う楽しさは最高です。

|

その他のカテゴリー

思うこと・・・ | 新入荷品