« 2024年5月 | トップページ

Ica イカ ステレオカメラ

          30077
ICA イカ ステレオカメラ

 

さて、ウェブ上の記述によると・・・フランス・パリのリシャール者は845年創業でた種類のステレオカメラを製造しています。その中でよく知られているのはベラスコープでしょう。

1893年に最初のモデルが出現し幾多の改良が行われ上写真左側のベラスコープは1900~1930年の発売されようで レンズの銘柄や明るさの違いをアルファベットの添字で区別していたようです。当初はピント固定だったようで 距離合わせの機構が加わったベラスコープの登場は1926年頃から登場したらしいのです。

フィルムがまだの時代で 感光材料が銀塩ガラス乾板ですから 金属枠に入れた乾板を数枚入れ、カードを繰るようにスライド機構を操作する事で、グラマチック式に乾板ガラスを入れ替えて撮影していたのです 、このカラクリのようなフィルムホルダーが器械好きには魅力になるのだだそうです。

今回モデルはエアーシャッターを機械式リム式機械シャッター に置き換え f4.5・6.3・9・12・18・25の虹彩絞りを備えた レンズをマウントして載せており  カメラに Ica:イカ 社のロゴが 遠慮がちにありますが、ボディ/フィルム室はベラスコープそのままで、互換性もありますから 自分はイカブランドのベラスコープだろうと勝手に思っております、 ebay などではドイツ製ポリスコープとも言われていますが、前述通りボディ/フィルム室はベラスコープそのままで、互換性もありますから 自分はイカブランドのベラスコープとして流通したのだろうと勝手に思っております、


年代のせいかシャッター機構の未確認現状機でも ebay ではshatter As is の表示でも結構な値段になっているので、注意しませう。ご案内の機械は
整備を済ませて後保管していたのですが、長期保管もあり・・念の為再整備をしたいと修理のオジさんからのお言葉をいただいており、逆らわないようにしております


          30077a
不測の事故発生・・シャッターのメインスプリングが劣化で整備作業中に破断しました・形状が特殊で代替パーツも無く、2~3の加工屋さんに頼めど首を横に振るだけ・・・どうしよう?


と言う事で・・もう1台のステレオカメラをご案合出来ればと思い そう広くもないも無い倉庫を「確かもう1台はあった筈」とかき回して見つけてきたのが、上写真の右側の機械です、なり古そう・・・はたして?

 

2024年 6月10日  もう しばらくお時間をいただきます 紹介記事完成後カメラキッズホームページにて販売予定。

 

|

« 2024年5月 | トップページ