« 2022年8月 | トップページ | 2022年11月 »

マミヤ 16 ブラック・・・って知ってる?

           28263

マミヤ 16 (警察用)ブラック・・・って知ってる?

ミニカメラなんて、フィルムは無い・写りもそれなり、メカというほどのものでは・・・といわれながら、でもマミヤ 16/16スーパー系は・・・人が何と言おうが俺はコレが好き・・・と、自分の趣味と合っているので贔屓も入っていますが・・・あのミノックスが斜陽化するなかでも、不思議な人気があるようです。


マミヤは写真家兼発明家の間宮精一氏により1940年に起業、独自の設計思想を形にされ、伝説的なマミヤシックスや本格的な16mmのサブミニチュアカメラ、二眼レフなど、独創性のある製品で有名です、別ブログでもご案内しておりますので、内容的には ほぼ 同じことを書いていると思ってください。


さて・・・写真家兼発明家の間宮精一氏 ならではの切り口から「ミニカメラを作ろう・・」とまとめあげたマミヤ 16 系 の案内です。 さて、この マミヤ 16 はサブミニチュアとしてはめずらしくシャッターがB.25.50.100.200 としたメカニカル構造で、後継機の Super 16 シリーズになると 低速を充実させて B.2.5.10.25.50.100.200 になり
距離・絞りも使えるいわゆるフルマニュアル機で、チマチマしたメカとマッチ箱のような無骨な姿と16/16 super1/16 super2/ 16 super3 と 豊富なバリエーションが自分には魅力で飽きるまで集めたのです。


いつの頃ですか、朝日ソノラマ社の「国産カメラ図鑑」で ブラック仕上げのマミヤ16(警察用)の存在を知り アチコチと探すのですが見つからず、ebay ,ヤフオク、その他通販サイトで出 ていた マミヤ16の黒を 疑心暗鬼ながら 入手すれど、ただ エナメルを塗っただけや、個人の趣味で黒スプレーを吹いただけの まがいモノ だったのです。


今回のご案内は、あるご縁で下写真の マミヤ16ブラックをご案内出来る事となりました、これまで自分が見てきたのとは 明らかに塗装の質が違います、あの当時よく見かけた縮緬塗装で、国産カメラ図鑑に紹介されている、外付けファインダーは付属していません、 ebay で同様な結晶塗装で反射ファインダー用シュー付きが 日本円換算で ほぼ400,000円で出ていました・・・いったい 誰が買うんでしょうか?

          28264
その方面に詳しい・・と言われる方のお話しでは、70年ほど前は政治デモが盛んで、証拠写真対策としてマミヤはマミヤピストルやマミヤ16ポリスといった警察用カメラを少数作ったんやけど、ご用済みになった時に廃棄処分されたらしい、その一部が民間に流れて少数が出回った・・って言われてるんゃ    

どうなんでしょうかねぇ・・・自分の経験から、メーカーってのは部品がある間は何とか製品にするので、マミヤは Made in Occupied Japanのロゴ入りのパーツを 反射ファインダー無しとした 黒のマミヤ16 を 民生用として 組み上げ、市場に流したのではないかと思っております・・ただ自分はそう思っているだけです・・軽く聞き置きいただければよろしいかと・・・。


さて、状態として、外観程度から判断して、一通り楽しまれた後 普通に保存されていたようです、入手時はホコリとタバコのヤニと思われる汚れにまみれ、機械的には全速 B になるだけ、ネバリが気になります。希少性が「売り」ですので、オーバーホール後の販売を予定しております。

 

2022年 9月11日  ただいま整備中 動けばいいのですが・・あと少しお待ちください。

|

東京精機の Semi Rocket って知ってる?

                P1770838

東京精機の Semi Rocket:セミ ロケット って知ってる?


Rocket:ロケットって名前のトイカメラがあるのは、まだ幼い頃に 少年雑誌の巻末や背表紙の広告で 見かけた気がしますし、ネット情報時代の いまは ebay などで検索しますと結構な種類のトイカメラがヒットします・・・。


今回は 前述のトイカメラは横に置いておいて・・・東京精機の セミ ロケット のお話し・・・いつもの 朝日ソノラマの 国産カメラ図鑑 には記述なく、ウェブ上のcamerapedia によると あの戦争前、コンドルカメラを製造していた製造元(現在 東京精機)から 新しくセミ・ロケットというセミ判のスプリングカメラが発売されることになった

              28254a

構造的には ツァイス・イコン の セミ・ネッターの改造型で 単独距離計がついており ボディはダイカスト製、 シャッターは NKS の B.1.2.5.10.25.50.100.200 シンクロ付きに プリファー:Prefar-Anastigmat 75mm3.5 を載せている。

 

距離計はカメラを構えた時 右手親指で操作出来、目盛りはカバー上部の窓に表れるようになっているとの事


記述によっては内容が違ったり、訂正記事もありますから、あの頃は そういう物づくり と 情報発信 の時代だったと 自分は思っております。 そこで 蛇腹カメラに詳しい カメラ仲間の M 氏に尋ねても「聞いたことはあるけど、現物は初めてやなぁ・・・キレイやなぁ 動けば 売れる顔ゃ 」 てなこと言われ、その気になっております・・・はたして


2022年 9月 1日 ただいま整備中、動けばいいのですが・・。

 

|

« 2022年8月 | トップページ | 2022年11月 »