« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

イコンタ スーパーシックス 二つ眼 初期モデル

20026
イコンタ スーパーシックス I 型。


ワンタッチで組み上がるツァイス・イコン社の折畳みカメラ・・イコンタの大成功、 さらに光学楔(ドレーカイル)式距離計を載せたスーパーイコンタをラインに追加。  フォーマット・レンズ・シャッター・仕上げなどによって数多くのバリエーションが展開されたのです。 

カメラを横位置で前蓋を開き、6X6フォーマットの固定ドレーカイル式の当機スー パーイコンタBは スーパーシックスと呼ばれ1935年に最初のモデルであるI型が登場します。 外観的特徴の距離計と 視野ファインダーが別々で俗に二つ眼と呼ばれます。

スーパーシックスの特徴でもある、巻上げノブによるフィルム巻き止め機構が載せられる 前の最初のモデルであるI型ですから、ボディ上部のカウンターを見て止める必要があります。  120フィルムの裏紙も今と違い統一されているわけでもなく、フィルムメーカーによる微妙な違いで画面が重なるのを避けるため1コマ少ない11枚撮りのフィルムカウンターになっていたのです・・・

でも、世の中何が幸いするか分かりません、時代は巡って・・・

スーパーシックスの中でも不便な二つ眼の初期型が20026b_2 人気の高い理由は、希少ということもありますが、前述のフィルム送りの流動性にあるよう な気がします。

後継機は多重露出防止機構やフィルム送りのコマ毎の自動停止を組み込み、機能させるためには順序通りの操作が必須です、それを煩わしく感じられる方が、初期型を握って放さないのでしょう。


当機の状態として、前オーナーは持ち回られたものの あまりお使いにならず保管されたようです、エッジ部メッキに小サビがあります、機能的には不具合はないようですが、目立つトコロですから外観にこだわる方には不向きだと思います、ご注意下さい。

手軽にツァイスの初期型スーパーシックスを自分流の使いこなしで操作を楽しむのもいいものです。

2018年 1月26日 ただいま整備と機能確認中‥しばらくお時間をいただきます。

|

スーパー セミ イコンタ V 531型

20020

スーパー セミ イコンタ V 531型  オプトンテッサー75mm3.5搭載機 

今回は、スーパー セミイコンタ の最終型とされる、MXシンクロコンパーを搭載したスーパーセミイコンタ V 531型のご紹介です。


これまでのフォールディングカメラは前蓋を開け、レンズを所定の位置まで 引き出し撮影となるのが主流の時代、イコンタは強力なスプリングの反発力により ボタンひと押しで組みあがるのです。

ピント調整も機械的にではなく光学的に伝達する ドレーカイル(回転する光学楔)をツァイス・イコンとカール・ツァイスが開発、 目測式距離合わせのイコンタに対して距離計連動機をスーパーイコンタとして 1934年に6X9と 6X4.5を発売、後継機へと展開してゆきます。

さて、初代の6X4.5のスーパーセミイコンタはシャッターレリーズがシャッター直接であったのを、ボディシャッターとした当機を我国ではIA 型と呼び、その後軍艦部をクロームメッキしたものをII 型とhttp://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=list_entries&blog_id=651026区別し、ペイント派と近代派に好みの分かれるところです。

その後、多重露出防止装置と反射式視野枠のアルバタファインダーを載せ、シンクロを追加、さらにストロボ対応のMX切り替えシンクロとした、ご紹介の V型となるのです。 

また商品サイクルも穏やかな時代、生産期間が長く高価だったスーパーイコンタ系は、レンズ・シャッターなどによるバリエーションはもち ろん、メーカーサイドでシンクロ、レザーなど加工されたものもあり、そのアタリのバリエーションや薀蓄物語もコレクターには楽しめるところなのかもしれません。


さて、今回は前述の最終型とされるV型、堂々のご紹介です、前オーナーのコレクションだったようで、メッキ部のクスミやペイントのテカリも少なく、レンズはもちろん蛇腹も健康、未使用状態に近く、ブームのころは 十ウン万円が当たり前で、後ずさりするしかなかったのですが、いまはいい時代です。

念のため、整備後にホームページに掲載予定です。


2018年 1月21日 ただいま整備中、しばらくお時間をいただきます。
2018年 1月25日 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2018年 1月26日 瞬く間の売り切れ いつも ありがとうございます。

|

パーレット カスタム エコーシャッター

13a
パーレット カスタム エコーシャッター


コダックのベスト・ポケット・コダックの大成功に,各社は「おいしい・・」と思ったのでしょう、  ドイツでは、あのナーゲル博士は独特の切り口からピコレットを市場に・・・、日本ではコニシロク(当時は六櫻社と言ってたようです)がパーレットを発売したのです。

コダックの人気にあやかって、ピコレット風のシルエットに利便性を高めたヒンジによる裏蓋開閉式とクローズアップレンズ付フレームファインダーを備えて接写も可能、また裏蓋に赤窓が2ツありますからマスクを付ける事でベスト半裁のハーフサイズとしても使えたのです。

私見で恐縮ですが、いかにも島国根性丸出しの「 パクリ 」の気がしないでもない。 自分としては「あなたの探しているのはコレではありませんか・・?」と知恵を絞ってアイデアを形にするのがメーカーの勤めだと信じているのです・・・コダックは さすが です。

バリエーションの多いなか、当機は定評のあるコニシロク製エコーシャッターを載せた安定期のモデルとされ、ボックスカメラ同様にクローズアップレンズを使うことで1m程の近接もOK。 フレームファインダーにクローズアップレズを取り付けるなんて誰が考えたのでしょう・・・パーレットの人気のポイントはこのアタリにありそうです。



さて、カスタムなんて 大層なネーミンングで
P1390734
恐縮しておりますが、自分も一見し「ギクリ」としたのですが・・・修理のオジさんは「コニシロクらしくないなぁ、何か してるなぁ・・ 」と一通り見てから、模様シールを貼ってるだけゃ・・との返事でした。

違和感のない金属感のある立体的な樹脂シールを上手に貼っていますから、マニアが加工されたのだと思いますが、個人的にもタイプで
ネオクラシックな装飾が なんとも言えません 、スーパー戦隊のミステリアスな秘密兵器のデザインに使えそう・・と思われませんか?

ともかく、機能動作的には不具合は無いように見えます、ハーフマスクとケースも付属していました、念のため一通りの整備点検を検討中。

2018年 1月14日 整備中、 完成後ホームページにて販売予定。
2018年 1月21日 整備点検完了 カメラキッズホームページにて販売中 14490円



|

ATOMAR 80mm3.5搭載の・・・ATOM SIX II

P1390720
長いこと探してたんよぅ・・・ATOMAR 80mm3.5搭載の ATOM SIX II


決して有名ではない・・アトム光機製作所による、アトムって名前の折畳みカメラで 仕事仲間に話してもアトム判の折畳みカメラが頭に浮かぶようで、アトム・・・と言いかけると「 なにソレ」で終わってしまう。

関心のない方はスキップいただくとして、ご興味をお持ちの方は 宜しければ3分ほどお付き合いください。


国内の資料雑誌にはほとんど記述が無いので、朝日ソノラマの国産カメラ図鑑の内容と同一確認が出来た ウェブ上の camerapedia 記述によると次の内容になります。

               *****

( アトムシックス )はAtomKōkiSeisakusho製の6×6折りたたみカメラです。モデル I とモデルIIの両方の広告は、1952年7月から1953年9月まで日本の写真誌に掲載されました。 [1] Atom Sixは、モデルに応じて2つまたは3つのウィンドウを持つレンジファインダーカメラのように正面から見えますが、これらは別々のビューファインダーです

Atom Six I とII には2つのビューファインダがあります。中央には直視ファインダー用長方形の窓、左には反射ファインダー(腰高位置から見えるように)があります。小さな円形の窓と小さなカメラの上部に表窓があります。 両ファインダーの間にアクセサリーシューがあり、 ATOM-6という名前は、トップ・ハウジングの2つの場所、すなわちアイ・レベル・ファインダーとアドバンス・ノブの間のカメラの上、そしてファイン接眼レンズの左側のカメラの後ろに彫刻され、裏蓋のエンボス部の右下にAOW(Atom Optical Work:アトム光機製作所?)のロゴがあります。

すべてのモデルは75mm f / 3.5レンズを備えています。 フォーカシングは、前側レンズ要素の移動によるものである。 シャッターはセルフと1-200とBの速度を持ち、シンクロ同期機構ヲ備えています。


私が調べ観察されたレンズとシャッタの組み合わせは次のとおりです。

    アトムレンズ、 NKSシャッター、
    アトマールレンズ、 NKSシャッター

また、広告で言及されている
Atomar 80mm3.5は、希少レンズとされ この度は決して確認観察されなかった。

               *****


と紹介されていました、今回初めて 入手した
ATOMAR 80mm3.5搭載機は年代相応のコテコテ状態に近く、何とか動くようになれば・・・素直に うれしい。

2018年 1月11日 ただいま整備を検討中、動きますように・・?

2018年 1月20日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 11760円

 

|

アグファ カラート 12

P1390662
アグファ カラート 12

手元の資料雑誌の記事によると、アグファカラートは35mmカメラへの複雑なフィルム装填が普及へのハードルとなっているとして、ダブルマガジン式の次世代の35mmフィルムとしたラピッドシステムを発表します。

従来の35mmフィルムを流用可能な利便性の高いシステムを考えたアグファは、ラピッド規格のカメラを幅広く展開し欧州市場を狙ったのですが、好事魔多し・・・と申しますか コダックからもカートリッジ式のフィルムが発売され、歩きながらでもフィルム交換可能な手軽さに市場は流れ、結果として12枚撮りのラピッドシステムは、24枚撮りコダック126規格のインスタマチックが優位に立ち、ラピッドフィルムは消えてゆきます。

P1390660 正直、大企業コダックのゴリ押しのような気がしないではない、126規格フィルムも消えたいま、ラピッドシステムは35mmですから、ネガ整理、スライド映写など周辺機器・アクセサリーが流用出来ますから、島国根性の自分はラピッドシステムはいい方法だったのに・・・と信じているのです。

自分なりの体験推理では・・巻取り軸の無いダブルマガジンつまりラピッド式アイデアはかなり以前から欧州地区ではあったようです、実用だけなら巻取り軸もいらないので、自製加工も、巻取り側さえオリジを使うとして まぁ簡単な方だったと思われます。

話が脱線気味・・・当機はアグファ カラート12 シリーズの上級機として登場、X構造のタスキを使った折畳みカメラでありながら、距離計連動、直進ヘリコイド式ピント合わせ、レバー式巻上げと、満を持した凝り方というか、アレコレ詰め込む様はゲルマンの血なのでしょう。  

シャッターとレンズの組み合わせによりバリエーションが展開され、手元の資料雑誌によるとクセナーとコンパーラピッドまたクセノン・ヘリゴン・ゾリナー・ゾラゴンと錚錚たるレンズとシンクロコンパーの組み合わせが紹介されている。

外観的特徴はコダックのベス単同様・・・前板飛び出し式スプリングカメラに、上下像一致式の距離計連動を載せています。 フィルム会社のアグファとしては。ラピッドシステムのイメージアップを計った高級機としフルメタルの緻密なボディに前述の組み合わせでマニア市場に幅広く対応したのです。

前述のように12枚撮りのラピッドシステムはコダックの126規格のインスタマチックが優位に立ち、ラピッドフィルムは消えてゆくのですが、でもカラートは35mmフィルム規格のカラート36としてリメイクされています。

従来の35mmフィルムを流用可能な利便性の高いシステムを考えたアグファは悔しい思いをしただろうと思うし、個人的にも、日本国内だけでも ラピッド規格を推してほしかった、フジフィルムさんコダックに対抗して国内だけのシングルエイト規格の8ミリを出すんだったら、どうしてラピッドを続けてくれなっかたんだろう・・・残念というか悔しい。

話しが脱線したところで ここらで 止めましょう・・・。

2018年 1月 8日 要 整備と思われ しばらくお時間をいただきます

整備を済ませ撮影機能的には不具合は無くなったのですが、前オーナーによるカメラの扱い時に何らかのクセが鏡胴、タスキあたりについているようで、沈胴させると、レンズを上げるときは手で・・えいやっ と引っ張り出さないといけません。

修理のオジさんも[ 組み上げた時は動くけどナ、そのうち固くなるんゃ、わからんなぁ]‥とのことで・・現状売り切りとします…力不足はご容赦。

2018年 3月13日 カメラキッズホームページにて販売中 3990円



|

フォクトレンダー ビテッサ

P1390601
フォクトレンダー ビテッサ

いかにも凝り性のフォクトレンダーらしいビテッサ・・ 自分はまだこの機械をブログにあげていなかったのですねぇ・・・

基本的には折畳み式蛇腹カメラになるのですが、観音開きの前蓋に 未来志向型の雰囲気を感じます。ピントは距離計連動、フィルム巻上げと シャッターセットも長い煙突のようなプランジャーを押し込む事で済ませる機構発想と、 何としてもスッキリとした形にまとめあげる技・・が魅力のポイント。

生産期間が長く、多くのバリエーションが出来、当機は比較的初期の露出計の無いフルマニュアル機、プランジャーの動作もバッチ毎にある程度の変更がなされたようです。 当機はシャッターボタン一押しで前蓋も一気に開き切るのではなく、先ずプランジャーを上げてからシャッターを押す事でロックが外れ、手を添えて開けることで衝撃を抑え、蛇腹その他に過度な負担がかからず無理の無い安定した操作を行えます。

メーター非搭載のフルマニュアル機ですから絞りシャッターの組合わせはもちろん、ビテッサの独特のプランジャーや観音開きなどの操作をお楽しみいただけます。 自分ごとで恐縮ですが、クラカメに興味を持ったのも ビテッサ最初で、今でも「モダンとアンティークが混在する不思議な機械・・」ではないかと 思っているのです。

当機は、底カバーエッジ角部と、巻き戻しクランク部に持ち回り/操作によるスレあります、指輪習慣の方ですからある程度は仕方無いのですが、一度気付くと「ソコ」ばかり気になる方には不向きです、ご勘弁下さい、濃度を増した写真を載せていますのでご確認願います。

「絶対ピカピカ美品でないと許せない!」 の方にはどうかと思いますが、操作的には不具合無く動作中。 念のためシャッター整備及びレンズクリーニング、距離計調整を済ませました。でも新品ではありません、年代もあります穏やかな操作で「ゆるく」お楽しみいただければ・・・と思います。


ロゴ位置などから時代的には比較的初期のモデルで、上カバーもすっきりとしたまとめ方、また シャッターボタンを押すと「ガシャッツ・・」と一気に観音開きで開いていたのが、蛇腹への負担軽減のため、シャッター半押しで前蓋が少しく開くだけ、後は指でゆっくりと・・・とした機構搭載。

レンズは人気の大口径 ウルトロン50mm 2.0 を1~1/500のシンクロコンパーにマウントして載せています。

端整な外観から蛇腹式折畳みカメラである事を忘れそう・・・凝り性のフォクトレンダーの魅力を 手軽にお楽しみ頂けます。

2018年 1月 4日 ただいま一通りの点検整備中、もうしばらくお待ちください。
2018年 1月 5日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円 

2018年 1月 5日 売り切れました いつもありがとうございます。

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »