« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

SPARTUS "35F"

9462
SPARTUS "35F"

SPARTUS と書いてどう読むのだろう・・・スパルタス とも スパータス とも読めそうですが、どちらでググってみても大したヒットにはならず、いつもの camerapedia では好きな方々が資料などを下敷きに自分の意見(思うところ)を書き込まれているようです。

個人の意見・・つまり 思うところって、ある種 その方の物語だと自分は思っています、どこまで共感出来るかと言う事につきます、共感すると言う事は同じ意見ということになり、共感できないのは 自分的には一つの意見として参考にするということになりますか・・・。

どうも 話しが脱線している、自分は子供の頃、どこかは思い出せませんが、裸電球が唯一の明かりの雑然とした部屋の片隅にご紹介の様な ベークライト製カメラを見かけた気がする。


裸電球の光で橙色に染まったそれは、セピア色の思い出となって心のヒダに沁みついているのか、好きだった女の子の笑顔のように、思い出すたびに思いはつのるような気がする

止まれ、自分は何を書いているのだろう。

2017年 9月30日  ただいま整備中、動きますように。
2017年11月18日  整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXX円

2017年11月29日  売り切れました ありがとうございます。

|

フォクトレンダー プロミネント

9459
フォクトレンダー プロミネント ノクトン搭載機

クラシックファンには周知の事ですが・・・「プロミネント」 という名前は、もともとは戦前のロールフィルムカメラに付けられたものです。戦前のプロミネントは光学式露出計を内蔵し、連動距離計、視度補正機構を装備するなど、当時としては最新のスペックを完成していたのです。

その由緒ある名前を踏襲した戦後のプロミネントは、戦前のプロミネントと区別するために「プロミネント35」などと呼ばれたりするようです。

プロミネント35にはバリエーションがいくつかあるようで、機構やセットされている大口径のノクトンなどにも興味を惹かれます・・・はたして

2017年 9月29日 ただいま整備を検討中、しばらくお時間をいただきます。
2017年10月20日 整備完了しました、カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2017年10月21日 一瞬で売り切れました ありがとうございます、安すぎましたか?

|

KINAX super III

8157

フランス製 Super KINAX III スーパーキナックス III 型。    

スーパーと言う名前に釣られて入手したものの、資料雑誌にも思う記事は見当たらず、ウェブ上ではeBay オークション関係にヒットするだけ・・フランス語は不得意で、エキサイト翻訳を使って拾い出してみると・・・。

Kinax III は 3フォーマットです。 使用フィルムは 620規格で フォーマットを6X9、6X6と6X4の3種類がアパチャーマスクを併用することで選択可能となっている、フィルム送りは多重露出防止付きの赤窓式と記述されているようです。

スペック的には
   スーパーキナックスIII 1950~57 フランス 
    IPO CO.LTD (
Ste Industrielle de Photographie & d'Optique ):写真・光学産業 co。
   シャッター  B 1 ~ 350 シンクロ付
   レンズ ベルチオ SOM BERTHIOT 105mm4.5
        ボワイエ Saphir Boyer   105mm4.5
        アンゼニューAngénieux   105mm4,5
        ベロ BELLOR        105mm4
   フィルム 620 多重防止付き 赤窓式巻き上げ 


特徴とおぼしきものは、折り畳み光学ファインダーの前にスィング式引き出しのフレームファインダーがあり、3種類のフォーマットに対応しているところかな、どちらかと言うと煩雑な気がしないでもない・・・「 慣れればいい 」 と言う事なのでしょう。

状態として、60年の時代を考えれば かなりいい状態で残っています。 フォーマットマスクが揃っていれば完全なのですが、当機には6X6マスクのみの付属となります、完全を要求される方には不向きです、ご注意ください。

シートメタルを上手く使い、スッキリとまとめるところは、定評があります。 ちょっとレアなフランスのキナックスIII型。 

2016年 7月15日 整備を検討中、もうしばらくお待ちください。
2017年 9月24日 お待たせしました、整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 27930円

|

アンジェニュー の 引伸ばしレンズって…知ってる?

9445
P.ANGENIEUX PARIS 100 4..5 TYPE U2


アンジェニュー の 引伸ばしレンズって・・・正直 自分は初めて見ました、これまでアレコレお教えいただいた先哲、諸先輩の方々からも話していただいた覚えがない気がするのです、

ウェブ上でヒットするのは アンゼの引伸ばしレンズをハッセルやライカマントに取り付け加工されたものが 「ま、まさか・・」 の値段で eBay などで紹介されていました。 当レンズはM39マウントに加工されているようです・・・どうなんだろう?

2019年 9月13日  商品化を検討中、しばらくお待ちください。
2019年 9月19日  整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 39690円

|

イカレックス35 CS

9430
イカレックス 35 CS

自分にとって馴染みのないカメラで、ビジネスパートナーのペースに巻き込まれた感がある・・・

ウェブ上の記事などによると 日本メーカーの一眼レフ攻勢に対応すべく名門ツァイスとあのフォクトレンダー社が諸事情で合併し、可一眼レフ市場を奪還すべく登場した高級一眼レフであったらしい・・・。

修理のオジさんも 若い時に出会った中古の機械を無理して買ったことがあったようで、思い入れがあるのか「 整備が楽しみ 」の様子が・・・ありあり。

はたして・・・。

2017年 9月13日 ただいま整備を検討中、しばらくお時間をいただきます。





|

ライカ Mズミルックス 35mm1.4 セカンドバージョン ②

9427
ライカ Mズミルックス 35mm1.4 セカンドバージョン ②

カメラ雑誌やライカ本のほとんどが 「クセ玉で・・」と揶揄されるような記述が多いのですが、自分がバイブルとしているジェームスラガー氏の Leica AN ILLUSTRATED HISTORY  には、直接そのことに触れずに、1960年に5群7枚構成の世界最高の明るさの広角レンズとして登場、その後基本設計を変更したという情報は発表していない・・・とあります。


コーティング技術的な事もあり、構成枚数の多いレンズを開放近くで逆光下の撮影ではピントに影響するフレアが出てしまうのかもしれない、コーティングの進歩につれ構成枚数の多いレンズが増えていますから、ライカはすでにコーティング技術を確立し、更にの先を見据えていたのかもしれない。


Mマウントなのに最短距離は1mと長めとしているのも画質にこだわった結果なのでしょう、大口径1.4の開放近くの逆光撮影でのフレア/ハロはレンズの持ち味として…それはそれで 許せると思いませんか?


それと、35mmのSummiluxは、初代とこのセカンドバージョンの2種が 球面レンズのみで構成されている。 次世代となる Summilux35mm/f1.4 ASPHERICAL の押し出しのきく大きさと比較すると、非常に軽量でコンパクトだと思いませんか、この謙虚さが まさに傑作、 ライカレンズの中で意外と多用される理由のひとつに、この小ささにあることは間違いないようです。


状態としてキズなども無く、キレイに見えるのですが、レンズ面から見ると角度によって同心円状の干渉縞がみえます、自分としても気になるので、お世話になっている山崎光学写真レンズ研究所の山崎さんに尋ねると「問題ないですょ、レンズを貼り合わせる工程での事で・・」とお教えいただきました、念のため レンズ状態をご確認をいただけるとの事で、ご無理をお願いしています・・・はたして

2017年 9月 1日 ただいま確認をいただいております、もうしばらくお待ちください。
2017年 9月20日 整備完了、カメラキッズホームページにて販売中 XXXXXX円

2017年10月27日 売り切れました いつもありがとうございます。

|

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »