« 中央精機 バロン F | トップページ | アルカス ベルグIII 三脚 »

レンズ交換式・・・ミノルタ A-2 LT

9372
ミノルタ A-2 LT

資料雑誌によると・・A型は、そのポッチャリした姿から「タンク」と呼ばれ、自分も年長の方からも「タンクって言うんゃ」と教え込まれ、妙に特徴を一言で言いえて、忘れたくても忘れられない。


さて、特徴はシチズン製レンズシャッターを載せているのですが、レンズの出っ張りを抑える方法として、シャッターを逆さまに組み込んだのです、結果レンズの出っ張りは抑えられたのですが、ボディ側が出っ張る事に・・・、レンズシャッターカメラなのにシャッター速度操作がボディ側でと、独特デザインのタンクが完成します。


機能的には光学枠付ファインダーに距離計連動の二重像合致式を組込み操作の利便性とデザイン性を達成しています。 開発当初からレンズ交換はある程度考えていたとも思えます。

A-2をレンズ交換式に直し標準を45mm2.8と大口径化すると同時に100mm4.8の望遠レンズを発売しています、 機構的に

ビハインドシャッターなので、レンズは全群交換式、取り付け径(マウント部)が小さいので大口径は無理なのと、ヘリコイドが標準用なので望遠時にはレンズ側もカムとヘリコイド仕掛けで動くという複雑な機構で、望遠を取り付けるのにコツというか慣れがいります、壊れていると思わないでください。


状態として50年を経た機械に新品なみのコンディション要求、精度要求される方はご容赦として、この時期だけに存在した「レンズ交換式タンク」を手軽に楽しみたい・・・の方にはオススメです。

2017年 6月20日  整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2017年 7月25日  売り切れました ありがとうございます。

|

« 中央精機 バロン F | トップページ | アルカス ベルグIII 三脚 »

新入荷品」カテゴリの記事