« ベビーパール 戦後型 ② | トップページ | アイレス 35 IIIC »

M3 S.S + 沈胴 M ズミクロンセット

8937
6桁ナンバー M3 シングルストローク コラプスブル(沈胴) M ズミクロンセット

1954年にバルナックと構造が決定的に異なる画期的なM3を発表、まだまだ日本製高性能一眼レフなど無い時代、その後40年間競争相手などないままライカM型は進歩を続け、遂にデジタルに至る・・・このあたりは各カメラ関係書に何度も上梓されている通りです。

距離計連動の完成型といわれるライカM3の特徴は 等倍でパララックス自動修正の一眼式距離計連動式ファインダーにあります、それを助けるように 高精度の加工技術と表面仕上げの巧みさなど・・・追従するものが無く、一人勝ち状態だったのでしょう。 もう、伝説になっているバルナックの基本を踏まえつつ完成させただけあって、1954年から1966年まで 大きな変更無く12年間世界一の高級カメラとして君臨したのです。

HOVE社のライカポケットブックによると、当機のシリアルは6桁:992367ですからバッチナンバー990751~993500 中の1台です・・・ 1960年の製造とあります。 シングルストローク、フレーム切替レバー、小さくなった巻き戻しレバーと深度確認付二重像部を載せた後期型、前期方にくら べて、固定ビスも少なく洗練され端整なボディに更にの磨きがかかりスッキリとした仕上げになっています。 

                         
ライカといえども製造後55年の時代を経ては、完璧さを期待されても応えられない事もあるのでしょう・・・、シャッター機構に不具合があり弊社で整備予定だったのですが、幕にまで影響がありパーツ形状の特徴な どで、弊社に無い特別工具とパーツをお揃えの橋本カメラワークさんにて幕交換並びに関連シャッター機構整備をお願いしました、ありがとうございます。

さて、状態ですが・・・かなりキレイな方だと思われます、シャッター機構はもちろん距離計も不具合なく、二重像もライカ一流のクッキリ感をセットの沈胴型Mズミクロンとともに楽しめます。 ほとんどスレなど無いのですが上カバーのライカロゴ前に小さなスレ点在します。       



あのライカブームも沈静化し・・・いまはいらっしゃらないと信じますが、ライカには神経質である・・の方には不向きです、ご注意ください。 念のため シャッター機構を前述内容にて整備、ただいまレンズクリーニングとボディとの距離計動作確認中・・・いましばらくお待ちください。

2016年 5月 4日 ただいま最終調整中もう少しお待ちください。
2016年 5月 4日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXXX円

2016年 5月 4日 売り切れました いつも ありがとうございます。

|

« ベビーパール 戦後型 ② | トップページ | アイレス 35 IIIC »

新入荷品」カテゴリの記事