« ヘキサノン85mm搭載・・・コニフレックス | トップページ | 世界初・・・レンズ交換式二眼レフ マミヤフレックス »

タナック・・・ヒンジ式裏蓋の和製バルナック

8355
タナック Ⅳ-S

シネ用のレンズや写真機材関連のフード・ファインダー・フィルターやケースなどのアクセサリーを作っていた神奈川県川崎市にあった田中光学はライカコピーとしたタナックブランドでカメラメーカーに参入されたようです。

手元の資料では詳細記述無く、ウェブ上のウィキペディアを調べると次にヒットしました。

 
    タナックIIC   1953年   装着レンズはタナー50mmF3.5。裏蓋は蝶番で横に開く方式。
    タナックIIIC  1953年  タナー50mmF2.8を装着する以外タナックIICと全く同一。
    タナックIIF   1954年  装着レンズはタナー50mmF3.5。シャッター速度はT、B、1-1/500秒。
    タナックIIIF  1954年  タナー50mmF2.8を装着する以外タナックIIFと全く同一。
    タナックIIIS  1954年  シンクロにX接点追加。軍艦カバーがボディーと一体になっている。
    タナックIVS  1955年  吊輪用の金具を装備した。
    タナックSD   1957年 外観がニコンS2そっくりになっている。生産数はごく少数。
    タナックV3   1958年  専用バヨネットマウント採用、しかしレンズは発売されず、
                ライカマウントアダプターを介してライカマウントレンズを装着し販売された。
    タナックVP   発表と正式発売をする前に会社が倒産し、現物だけが市場に出回った。

・・・との記述です。自分もタナックはライカブームの頃にライカコピーのカテゴリーとして5,6回扱った程度で、当時は和製バルナックコピーといえばニッカ、メルコン、オーナーに人気集中、レオタックスやタナックなんて人気が無かった記憶がある。

裃(かみしも)を脱いで申し上げますと、オリジナルライカにはとてもとても・・、唯一ヒンジによる裏蓋の開閉機構が特徴で、ニッカほどデキのいいカメラではなく、シャッター動作音もそれなりではあるのですが、その頃は人気が無く市場に出回らないのが幸いして・・今では逆に珍品としてライカコレクター氏には必携アイテムとなって、意外なほど高価ではあるのです。

自分の経験で恐縮ですが・・・その頃のライカブームに乗っかって小金を稼ごうとする輩(やから)が日本の中古カメラショーに徒党を組んで来日されていて、よく声をかけられたり、「Mマウントのバルナック型がある・・」と某国のH氏からメールをいただいた事もあるのです。

何やらよく分からないタナックではあるのです、年代なりの劣化、ネバリもあると思われ整備を検討中、動けばいいのですが・・・。

2016年 1月 8日 ただいま整備検討中、しばらくお待ち下さい。
2016年 1月23日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円。

2016年 2月15日 売り切れました いつもありがとうございます。

|

« ヘキサノン85mm搭載・・・コニフレックス | トップページ | 世界初・・・レンズ交換式二眼レフ マミヤフレックス »

新入荷品」カテゴリの記事