« コニ オメガフレックス M | トップページ | ミニカム ストロボ アンブレラミニ »

タロン シーク ②

8779
タロン シーク ②


何故か人気があって、何度もホームページには登場しているのですが、カメラキッズのブログ フォトブランカへは2度目の登場です・・・・

Chic...と書いてシックではなくシークと呼ばれているようです・・・フランス語でシークと発音するらしい、粋なこと、しゃれたこと、シックなこと と広辞苑にありました。

さて、あまり馴染みのないタロン シークですが、タロンの歴史は古く あの戦争前から日本光測光機としてTAROFLEXなどの二眼レフカメラやカメラ用のシャッターを各カメラメーカーに供給していたよ うです、クラシックカメラを扱っていますとN・K・K ロゴを散見しますから、セイコー、シチズン、コパルなどと市場を争うほどの規模だったと思われます。

ご興味をお持ちの方はその方面をお調べいただくとして、部品メーカーからカメラメーカーへと経営方針を転換し、あの富岡光学からレンズ供給を受けタロン 35を発表、低価格高品質が評価され輸出へと成長、多品種生産をせず機種を選びカメラ輸出ブームに上手く適応したようです。

1960年のオリンパスペンの登場とヤシカやペトリの素早い参入に、負けん気を起こしたのか、1961年に縦型のシークを、ヤシカのラピード、セクエルとは違った切り口からまとめあげて発売(多分、輸出メイン・・・)したのです。

自分ごとで恐縮ですが、ヤシカラピードの広告やテレビCMは記憶にあるのですが、タロンの記憶は一切無く、オリンパス ペンの翌年登場なら目にしてもよさそうですが、地方都市の神戸市内では実物を見かけることなど出来なかった、おそらく輸出が主だったのでしょう。

繰り返しますが、オリンパス ペンの翌年にはプログラム式シャッターを載せたハーフカメラを出せるのですから、さすがシャッターメーカーの成せるところであり、開発力の旺盛な社風だっ たのでしょう、ウェブ上の記述ではヤシカと がっぷり四つ に組んだライバルだったとの記事もありますが、ここでは そういう時期もあったのだろうとしておきます。

話を戻して・・・シークは、カメラキッズホームページ開設時に何台かご紹介した事があり、5年ほど前のあの頃は、さほど珍しくも無く、知名度も低く、円高 もあって別段ドウってことはなかったのですが、今となっては 見かけませんから希少な保存カメラ?として握った方は手放されないのかもしれません。

さて、今回は化粧箱、グリップ、ケース、英文使用書と揃った状態で・・・これは今となっては、実用よりは保存カメラとして貴重な気がします。 前ユーザーは少しは楽しまれたようで、メッキ部にファスナーとの軽いスレがあります、目立つほどではないのですが、絶対無傷にこだわられる方には不向きです・・・ご勘弁下さい。

機能的には年代相応の動きをしています、年代なりの小ボコリの混入、ネバリも気になります。 念のため整備を検討中・・・タロンファンの方にお届け出来れば幸いです。

2016年 1月26日 ただいま整備中、もうしばらくお待ち下さい。
2016年 2月23日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円。

2016年 2月23日 売り切れました、 いつも ありがとうございます。

|

« コニ オメガフレックス M | トップページ | ミニカム ストロボ アンブレラミニ »

新入荷品」カテゴリの記事