« npc 製 プロバック II キヤノン EOS-1用 | トップページ | 35mmのバックフォーカス・・・マミヤ35 »

初期型 マミヤフレックス フラッグシップモデル

8236
初期型 マミヤフレックス フラッグシップモデル

 

ひさびさの・・マミヤ二眼レフ物語、今回は国産二眼レフカメラとして初めてフィルム自動停止機構を載せ、また巻上げと連動してシャッターセットが行われるオートマット機でマミヤ二眼のフラッグシップ機となったマミヤフレックス初期型のご紹介です。 私見になりますが個人的にも好きな機械でもあります、ご興味のある方は、しばらくお付き合い下さい。


あの戦争後の二眼レフブームの中、板金加工で組みあがる初期は各社各様の機構・デザインだった二眼レフはともかく、ローライの特許が切れるにしたがって、
ダイキャストボディを採用、 機械加工・シャッター・レンズと製造部門が分業化するにつけ、ローライに近づいていったのは仕方がないのでしょう。


さて、マミヤフレックス オートマット は、セルフコッキングと、さらにフイルム装填のフルオートマット機構を搭載したダイキャストボディに、間宮氏の設計思想のひとつ・・・「 二眼レフは右手でシャッターを押す!」が形になっています。


また、外観的特徴である撮影レンズ下部左右の操作ダイヤル位置とデザインが自分のお気に入りの箇所でもあり、フィルム巻上げノブ・ピントノブとシャッター
ボタンの位置関係から、ほとんど右手の位置を大きく動かす事無く、連続操作が出来るのです、設計者の思いとこだわり が形になっているのでしょう。


話は変わりますが、マミヤのカメラって・・・どことなく変わってると思いませんか、安易な模倣に走らず違った切り口からアイデアを練り上げた機構を開発設計し、外観やデザイ
ンはその後まとめ上げるのだろう・・・と思う時がある。

開発に時間を費やすのは一見不合理に思えますが、簡単に思いつくものは簡単に真似されますが、長い間の苦労努力から生まれる蓄積されたノウハウとアイデア
は、そう簡単に真似出来ない・・・とした一流のセンスがあるのだと思いたい。 


戦後、間もない頃の機械です、近代カメラ並みの精度、ハードな扱いに応えるものではありません、50年の時代のついた機械仕掛けのクラシックカメラであるとご理解いただき穏やかな操作をお願いします。 レンズ
はズイコー7.5cm3.5・・・オリンパス製。


目立つキズやスレの無い「ミントだょ・・」状態で某国のビジネスパートナーより入手したものの・・・疑心暗鬼は否めず。 年代もあり
ます 念のため動作確認と、シャッター機構の整備、 レンズクリーニングを検討中。

2015年10月12日 ただいま整備を検討中、完成後カメラキッズホームページ掲載予定。
2015年10月13日 整備完了、カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2016年 4月18日 売り切れました ありがとうございます。

 

 

|

« npc 製 プロバック II キヤノン EOS-1用 | トップページ | 35mmのバックフォーカス・・・マミヤ35 »

新入荷品」カテゴリの記事