« ニコン ミクロン5X15 9.5° | トップページ | ロボット ジュニア »

戦前のミノルタ・・・オート セミ

7632
ミノルタ オート セミ

あの戦争前の国産カメラ・・・いい時代だったのだと思います、大英帝国による富裕層ご用達 超高級手作り木製カメラをドイツは板金による量産化で大成功・・・我が国はその後を手本として追いかけるだけで よかったのです。

オート セミ なんて近代的なネーミングではあるのですが、裏窓式のフィルム送りの時代に
フィルム巻き上げ自動ストップ機構搭載という事でオート セミ、さらに距離調整に連動する距離計と視野枠をひとつにまとめた一眼式距離計連動機として登場したのです・・・1937年(昭和12年)の事。

頼りの camerapedia によると一眼式連動距離計を持つ数少ない日本製スプリングカメラとされ、レンズは旭光学製 3群4枚のプロマー75mmF3.5、シャッターは1/400の高速が可能な自社製クラウンラピッドが採用され、デッケル社のコンパーシャッターが載せられたものもある・・・とされています。【 camerpedia 参照】

正直・・・自分もオート セミ を手にするのは初めてで、戦前とは思えないキレイな状態に何故かワクワクしている。 下世話になりますが高かったんだろうなぁ・・。 

年代なりのネバリなど気になる箇所もあり、念のため修理のオジさんに無理をお願いしようと思っています・・・しばらくお待ち下さい。

2015年 2月24日 ただいま整備中、もうしばらくお時間をいただきます。
2015年 3月 1日 整備完了 カメラキッズホ-ムページにて販売中 XXXXX円

2015年 3月17日 売り切れました ありがとうございます。

|

« ニコン ミクロン5X15 9.5° | トップページ | ロボット ジュニア »

新入荷品」カテゴリの記事