« ビトマチック Ⅱ | トップページ | ゾルキ4K   »

キーホールカメラ BELMIRA

2710aa ベルミラ
Belmira・・・便宜上ベルミラと呼ばせていただきます、 ドイツ・ウェルタ社によって1960年に製造されたレンジファインダー式カメラです。 操作的特徴としてはレバー・ノブによる巻上げではなくラピッドワインドと呼ばれたスイッチを横へスライドさせる構造となっています、 レンジファインダー式カメラの黎明期だったのでしょうか、構造的には構図用ファインダー内に2mm幅のハーフミラーを組み込んだだけで、視野枠もなく、パララックス補正など、まだまだ・・の寒々しい内容なのです。

また特徴のある距離計窓の外観からキーホールカメラと呼ばれていたのですが、初期型生産後は当たり前の四角の窓となり、いつの間にかこの呼び名は消えていったのです。 変なもので、無くなるとコレクターのターゲットとして市場に出る事無くコレクターの間を行ったり来たり・・・。

前述のように、機構的には2mm幅のハーフミラーを組み込んだだけのスカスカ内部、近代カメラメカと比べて、メカと呼ぶほどのものではないのですが、基線長が80mmほどあり、最短も65cmほどまで連動し意外と正確なのです、この基本構造に必要機能が追加され多機能を誇る、距離計連動機が出来上がっている気がします。

カメラ歴史には加えたい・・・カメラキッズホームページにて販売中  XXXXX円

4月30日: 売切れました、いつもありがとうございます。

|

« ビトマチック Ⅱ | トップページ | ゾルキ4K   »

新入荷品」カテゴリの記事