マーキュリー II

20930a
世界初と言われる…ロータリーシャッター式 ハーフサイズカメラ


特殊な外観から、知名度も高い機械だと思われます、 自分は 先輩のコレクター氏からニューヨークでユニバーサルカメラ社( 映画のユニバーサルとは無関係 )としてスタートしたのだ・・・と教えられました。

思うところがあったのか低価格で個性的な楽しめる機械を展開されていたようです、

資料雑誌やウェブ記述などをとりまとめますと、専用フィルムを使うマーキュリーI 型が1938年に登場、その後第一次世界大戦開始と共に、フィルム製造を行っていた会社からの供給が途絶えることで、戦後 一般的なパトローネの使用が可能な II 型が登場することになったようです…1945年の事

機構的には35mmシネカメラのシャッター部を切り取りスチルカメラに直したような構造で、映画は18×24が通常のサイズだから、ロータリーシャッターとハーフサイズを採用しているのは必然だったのかもしれません。

ライカは 18×24mmを2コマ使うことでカメラに直して大成功しているわけですから、ユニバーサル社も もう少しで画期的な機械となっていたかもしれない。

2019年 2月12日 外観的に小サビが全面にあり、現状で売り切ろうかなぁ・・と考え中
2019年 2月12日 整備コストも高額だし・・カメラキッズホームぺージにて 赤字やむなく の現状にて売り切ります。 XXXX円

2019年 2月13日 売り切れました いつもありがとうございます。

|

スーパーイコンタ 6X9 IV 型 と スーパーセミイコンタ 6X4.5 型

20900_2

スーパーイコンタ 6X9 IV 型 と スーパーセミイコンタ 6X4.5 型

ご存知・・・目測式のイコンタを距離計連動にした高級スプリングカメラで 6x9判スーパーイコンタ として1934年に日本で 発売されています。


機械的にボディに連動させるのではなく、回転する光学楔により連動させる ドレーカイル方式は画期的だったのでしょう、自分ごとの40年ほど前の話になりますが、神戸の某 修理専門店の親爺さんとの話の中で『連動するって・・・ど、どないなっとんゃ』と思うたなぁ・・・

『またライカはどうしてもホコリなどが入るんゃけど、ツアイスは意外と入らへんねん、それだけ緻密なんや!』 と説得力のある説明に、【ツアィスは緻密・・】の言葉が心に染みこみ、今でもそう信じてる。

折畳めばブレザーにも収まり、ワンプッシュでレンズ、ファインダーとも起上がり、堅牢な Y字型のタスキにクラシカルなレザーとメッキ仕上げ。 戦後間もないころのツァイス・オプトン製テッサーレンズをX付きコンパーラピッドにマウントしてそれぞれに載せています。

ついこの間だった、ブームの頃は12~15万円は当たり前だったのに・・レンズのキレ・独創的なメカが組上がるスプリングカメラ・・・どちらも70年の時を経てなお、捨てがたい魅力があります。


戦後生まれのV型とIV型、かなりキレイな状態です 前オーナーのコレクター氏も大事にしまいこんでいたからなぁ・・・とのことです。

ツァイス贔屓の修理のオジさんに すべてお任せしようかなと思っています。

2019年 1月13日 両機とも整備完了 カメラキッズホームページにて販売中。
             スーパーイコンタ 69 IV型 59640円
             スーパーセミイコンタ V型 51240円

|

Welta ウェルチニ シュナイダー クセノン 搭載機 

20897
Welta ウェルチニ  シュナイダー クセノン 搭載機
 
ウェルタ社によるアマチュア写真家のための戦略モデルのウェルチを1935年に発売し、その数年後には距離計連動機を発表していますから、基本的な設計思想を温めていたと思われます。
 
ウェルタ社は自社ブランドだけでなくOEM供給もされていますので、ライバルのバルダ社とよく似た機械もあり、いまとなってはレザーに型押しされたロゴで見分けていることが多いように思います。
機構的にボディを薄くまとめ、蛇腹展開支持アームは、レンズボードとフィルム面の平行性維持を確実としたため、沈胴量が少く、大口径レンズでは大きく出っ張り、前蓋が大型になるのですが、見方によってはカッコよくもあり、スマートさを比べると野暮ったくも見えるのが欠点でもあるのか? 好悪の分かれるところです。
初期のウェルチに比べ、ウェルチニは一眼式連動距離計式で上面にファインダーが付き、巻き上げノブが下に移動。 当機はレンズもクセノンの明るいレンズが付いた高級型でしょう。
また、折り畳み時には蓋を閉めるに従い距離レバーを押し下げるので、自動的にレバーが∞側ににもどるところは、レチナより便利な気がする・・・はたして?
2019年 1月13日 念のため、各部整備中、もうしばらくお待ちください。
2019年 1月20日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円
2019年 2月18日 売り切れました いつもありがとうございます。

|

ベッサマチック後期型 セプトン搭載機

20892_6

ベッサマチック後期型 セプトン搭載機

過日、ご案内いたしておりました、折角のウルトラマチック対応のセプトンを、調子のいい状態に整備してお届け致したく 出来る限りの組み合わせを試みたのですが、年代には逆らえず スプリングが劣化していたのでしょう 作業中に折れたり、予備ボディのパーツが適合せず、力不足で断念致しました・・・ご期待を抱かせたことはご容赦、

この度、安定性のあるベッサマチックと組み合わせた方が、間違いが無い・・と修理のオジさんのお言葉に逆らわず ソウ しようと思っております、念のための動作確認などを致したく、しばらくお時間をいただきます。

|

ミニカム スクープフラッシュ SF6040

20841

ミニカム スクープフラッシュ SF6040

「ミニカムって・・・何?」 写真が趣味の方でもほとんど馴染みの無いブランドなのかもしれませんが、 でもミニカムの社長さんは、戦前からフォトジャーナリストとして有名 な堀野正雄氏です、自分が使いやすいなら皆も使いやすいに違いない・・・といって、フラッシュガンを作ったり、いちはやくストロボも手がけたようです、ご 興味のあるお方はその方面をお調べ下さるようお願いします。

従来のスタジオ据え付けのAC電源専用業務用ストロボを、コンパクト化し ゼネレーターと呼ばれるコンデンサーを含む電源部と「 ガイドナンバー80-140 」前後の放電管のみの丸型発光部とした独特のまとめ方で、
電源が内蔵され移動も簡単 営業写真や観光地の記念写真屋さんにとっては、、絶対のストロボ。

あの頃は 構造的にソリッドステートではなく トランジスターとキャパシターなどを組み合わせ基盤にハンダ付けなので、長期のメンテも可能、結構タフなつくりなのです。正直、知名度も高くないし特別 「カッコいい」 とも思いません。 

ほぼ50年前・・・自分は写真を学問として学んだ時に、幸運にも単一電池6本を電 源とするスリー・トランジスター式ミニカムTT-100 ストロボを自由に使える機会があり、ストロボにしては閃光時間が1/300秒と長く、光の回り方がなめらかなのが気に入ってミニカムファンになってしまっているのです。


20843その後、デザインは 右写真のように その当時のまま 単一電池を密封型Nicdアルカリ( 7.2V 4000 mAh ) 充電式とした 今回ご紹介の SF6040 が登場したのです、といっても概ね40年強前なのですが・・・。

SF-6040 は専用電池に特化しているのですが、基本構造はTT-100と同様で 接点をつなげば単一6本で動作しますので、AC、専用Nicd、単一アルカリ6本 の3電源式と ある意味便利で、50年来基本デザインが変わらない・・・というのもお気に入りで、集めては 整備をして 今でも使い続けているのです。

ミニカムもなくなり、ミニテクノって会社がメンテをなされており、今でも専用密封型Nicdアルカリ( 7.2V 4000 mAh )電池も14,000円ほどで入手できるのも」いいと思われませんか?

当時10万円を超えたストロボで特定のユーザーと警察鑑識ご用達だったのも納得できてしまう・・・そんなこんなのミニカム SF-6040 いかがでしょうか。

2018年11月16日 ただいま整備中 しばらくお待ちください。
2018年12月16日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 31,290円


|

ミューズフレックス MⅡ

20837
Museflex ミューズフレックス MⅡ

ほとんど馴染みのないブランドで・・・でも 二眼レフコレクターには周知の、ボルダ判の機械で、朝日ソノラマの国産カメラ図鑑と資料雑誌の記事を取りまとめると、あの東郷堂の技術者が1948年に開発した木製フレームのメイカイフレックスを、翌年シートメタルのプレス加工とするにあたりミューズフレックスと改名されたようです。


Muse : ミューズって芸術,学問をつかさどるギリシャ神話中の神 や 深く考える,物思いにふけるなどの意味があり、Museum : ミュージアムの語源にもなっているので、立派な名前でもあるのです。


また、1948年と言えば自分が生まれた年で、あの戦後 何もない頃に 子供用オモチャとしてこれだけのものを作り出せた・・と思うと、諸事情で戦争に負けたとはいえ、負けただけ で 奴隷になったのではない、これから・・・という気概のようなものを感じるのは ボクだけではないと思いたい。


さてスペック的には、固定焦点、シャッターはB.25.50 の3速、絞りは 5.6・6.5・8 の丸穴絞り、フィルム面が曲面ですから単玉かと思われます。 

機構的にノーマルなボルダ判のスタート35の方が扱いやすく見えます、取り立てて二眼レフとする必要もないような気がしますが、そこはそれ 当時の二眼レフの大流行もあり、形だけでも二眼風に・・・と設計者は思ったのでしょう。


機能面から言えばボックスカメラでしょう、ウェストレベルファインダーについてはただ構図を決めるだけで、これが結構見づらい。 フィルム送りは、ボルタ判に正方形の画面を写しますが、一枚目だけ赤窓で合わせ、あとはカメラ側面上部にある自動巻き止め付きカウンターを使います。
 
20838l
上図の様に、サイズ的にボルダ用スプールに35mmフィルムを裏紙付きで巻き込めますので、露出さえ叶えば画質ともかく、写せるとは思いますが、実用より 可愛らしい二眼レフとして思いのほか人気があるようです。


2018年11月 9日 ただいま動作確認、自動巻き止めを整備中、もうしばらくお待ちください。
2018年11月11日 整備動作確認完了、カメラキッズホームページにて販売中 XXXX円

2018年12月12日 売り切れました いつもありがとうございます。

 

|

ウルトラマチック

20829
フォクトレンダー ウルトラマチック
 
久しぶりの登場・・・に 履歴をチェックすると、以前は2012年に掲載 となっていますから、6年ぶりなのですねぇ

ご存知の方はスキップ頂くとして、決して初心者用のセレン式シンプル一眼ではありません、ご興味をお持ちの方は3分ほどお付き合いください。


フォクトレンダー社によるデッケルマウント式レンズシャッター一眼レフの最高峰が、1962年に登場したこのウルトラマチックだ。 最大の特徴は、シャッターを切った後にもファインダー画像が消える事の無い、クイックリターン機構を実現している事だ。


しかし、このカメラが搭載しているデッケル社のコンパーシャッターはクイックリターン機構が無く対応できない・・・そこでウルトラマチックではカメラの底部に内蔵した渦巻状のスプリング(ゼンマイ)にフィルム巻上げ時の力を一時蓄えておき、その力を使って、露光終了後に瞬間的にシャッタをチャージしミラーも復元させてしまうという、大変な離れ技を演じている。 【 Office Heliar フォクトレンダー 参照】


分かりやすく口語調で申しますと・・・ウルトラマチックのシャッターを切ると、まずシャッターが一旦閉じて➡ミラーが上がり 続けて遮光板が上がる➡レンズの絞りを規定値まで絞った後 シャッターが開く ➡ 露光された後 シャッターが閉じミラーが降りる 続けて遮光板が降りる ということで終わるのです・・・が

これからがフォクトレンダーの真骨頂ですぞ・・・

この後巻き上げ時の力をためたスプリングでシャッターがチャージされ、その後の一連動作により 絞りが開き、シャッターがチャージされて羽根が開く・・・つまり撮影後もファインダーは撮影前と同じように見えるのですょ、

早い話が ブラックアウトのレンズシャッター式一眼を、クイックリターンミラー式に作り替えたことになりますか。

まさしくウルトラ級の技術力で、技術者の理想とした夢の一眼レフを形としたのです。 前述の複雑極まる内部構造とは違って、近代カメラと同等のクイックリターン式AE一眼とした、非常に扱いやすい機械でもあるのです。 裃(かみしも)を脱いで申しますと、動作しない機械がほとんどの中、さりとて整備費用もカメラ以上とも言われ・・・大変です。

当機はどうなんでしょうか、修理のオジさんも、「どないやろ・・まぁ開けてからやなぁ 」 程度の反応で、しばらく時間は掛かりそう・・・・。


2018年11月 1日 整備を検討中
2018年12月21日 パーツの破損による不具合で、整備不可・・・整備を断念、無理のない 次のベッサマチックとの組み合わせで 仕切り直しを検討中。

20892_4 2019年 1月 3日 ただいま動作確認中、年代もあり整備を検討中。

|

ニッカ Nicca 3-F + 近接ニッコール 5cm 2

20780
レバー巻き上げの バルナック・・・ニッカ Nicca 3-F

何といいましょうか・・・好きな人は、好きなカメラなのです!


さて、プロローグですが・・・1940年(昭和15年)に精機株式会社として東京に設立、翌年近江屋写真用品の資本を受け単独距離計などの製作や当初のハンザ・キヤノンへの低速シャッターの組み込みなどの経験を評価した日本陸軍から軍需用35㎜カメラを受注し、ライカIII型のコピー機を完成、ニッポンと言うブランドで 主に軍に納入されたようです。

戦後、ニッポンカメラ工業に社名変更し機種名をニッポンからニッカと変更して発売、その後 ご存知の通りニッカカメラ工業を経てニッカカメラとなるのです。

あの戦争後、敗戦国となったドイツは、ライカが世界中に持っていた特許も諸事情で無効とされ、世界中で特許を使ったライカコピーが各社から作られることとなり、ニッカもライカ III (D III 型)酷似の III A 型を発売します。

その後 M、Xシンクロを搭載し B, 1~1/500のシャッターとした III B 型となり、次の III  C 型ではとび出していたシンクロソケットをボディ内に埋め込み、上カバーにフィルム位置表示を刻印し 1954年までに約8000台を生産した・・・。

その後、マイナーチェンジになるのでしょうが、IIIS型のシャッター速度系列を変更、X接点を20から25にしたのがご紹介のモデルの基礎となる3-Sで、巻き上げノブ上面にフィルム感度メモリーもついて満艦飾に・・・、
その後、巻き上げノブをレバー式に、シャッターボタン位置を前に、巻き戻しスイッチは押しボタン式とした ご紹介の3-F後期型となっていき、通算20000台ほど製造されたのちヤシカに併合されていったそうです。
さて、状態として上カバーに操作スレ散在、です、一見キレイに見えますが、平面ですから反射角度によってはどうしても目立ちます、一度気付くと「ソコ」ばかり気になるものです、外観優先、見た目にこだわる方はご注意下さい。
2018年 9月30日 ただいま整備中、しばらくお時間をいただきます。
2018年10月 2日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2019年 1月 6日 売り切れました いつもありがとうございます。

|

思うこと・・・9

20776
思うこと・・・9
生業とはいえ古いフィルムカメラに囲まれ、整備、調子を取ったり、アレコレ言ってくる外国のビジネスパートナートとの掛け合いや 買い付け出張など 相変わらずのジタバタした日々を10年続けていると いい加減 疲れてくるというもの・・・

さりとて、今更放り出すわけにもいかず、どうしよう・・・なんて似つかわしくないことを考えていたら、修理のオジサンが 「デジタルで遊んでみたら・・」 と M42マウント加工されたクラシックレンズを作ってくれました。

ベス単レンズ、フランスのSOM など「微妙な違いがあるでぇ」 と タブレットにダウンロードされた絵には微妙な差が表われていたから、このあたりにクラシックの存在感があるとしたら、お探しの方々には ある種 貴重ではないかと・・・あらためて思うと、疲れた・・なんて戯言(ざれごと)は オッサンの独り言と捨て置きください、

自分としても、若い頃に どんなに無理しても買えなかった機械は、今になって飽きるまで買い集める性も、自分では可愛く思っているし、その存在が自分にとってのこだわりのクラシックなんだと思う。

2018年 9月29日 自分なりのクラシックを順次ご紹介して参ります、しばらくお待ちください。

2018年12月 7日 
この度のレンズは折り畳みカメラから取り外したシャッター付きレンズ部をM42規格のボディキャップにマウントしたもので、整備清掃せず、現状でのお届けです。

「一応なぁ・・確認はしたし、好きな人しか買わへんし、使い方はその人なりに考えるやろ 安いほうが・・」 と修理のオジさんのお言葉に逆らわず、前述のお届けとなっております。

2018年12月 8日 カメラキッズホームぺージにて販売中
2018年12月 9日 ブログ更新中(午前1:30ごろ)に完売、いつも ありがとうございます。

|

ライカ ラピッド ローディング スプールセット

20773
ライカ ラピッド ローディング スプールセット
カメラを扱う楽しさの中に、アクセサリーがあります、製造メーカーも多く、その時々の中で工夫された物や なるほど・・と感心させられたり、中には首をかしげたくなるものなど、集めて、揃えて楽しめます。


自分がたわいもないカメラ小僧のころ、機種前は忘れていますがフィルム装填が底蓋式の機械に初めて接したとき「何コレ・・・」と思ったなぁ、しばらく触って何とか装填できた?時の達成感というか、自分がエラくなったような気がしたものです。


ライカ M4が現役の営業時代を過ごした自分は、M4に組み込まれたラピッド装填,シャッター精度の高さ、距離計精度の高さなどに心が傾きつつも、ファインダー交換式一眼レフが絶対有利としていた気がする。


その頃、先輩にあたる修理のオジサンは、既にバルナック型Ⅲf と M4のオーナーで、
Ⅲf と比べて ラピッドローディングの確実さを 良く口にしていたし、いい加減な装填でもミスは皆無だっと聞かされている。


この度 そのラピッド ローディング スプールとベースのセットを入手、お探しの方にお届けできればと思っております。
2018年 9月16日 念のため 手元の機械にて確認中、もうしばらくお待ちください。

2018年 9月16日 動作確認を済ませました カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2018年 9月19日 売り切れました ありがとうございます。

|

«捨てがたい魅力・・・真円絞りの描写力