フィルムカメラ全盛時のストロボ・・について思うこと 11

          38696a

フィルムカメラ全盛時のストロボ・・・・

子どもの頃です、菓子に釣られて 海軍兵学校出の 厳しい父親と 三本立て映画に時々付き合わされた、親には申し訳ないが 映画内容は何も覚えていないのですが、幕間に軍関係のニュースのようなものが流れ、複雑そうな大きなカメラを構え 「にっ」と鍛え上げた笑顔でカッコ良く構える軍服姿のお兄さんと、何故か流線型の機関車?が爆走するシーンが あの頃の自分には憧れ・・に 見えたようで、心のヒダに沁み込んで、いまでも 思い出したように出てきては胸の中で跳ね回る。


小学生3ー4年生の頃 学校写真のカメラマンがプレスカメラを構え 閃光球を「ボシュツッ」と焚く姿に憧れ カメラ小僧として育ってきたのです。


当時、珍しく複雑で不安定な フラシュ撮影を 「にこっ」と笑顔でこなせるようになるころには、フラッシュ バカ と言われたなぁ。


カメラが電子化され 専用ストロボを使うと シャッター速度は当然 絞りのコントールも 自動化、TTL対応、そしてアカデミックな計算表もデジタル液晶に置き替わり、操作も取り付けて押すだけ・・・ズームレンズが標準になると、ズームと連動してストロボの照射角度が変わるなど もぅ これでもか....と 多機能大光量/高級化 と進歩して行ったのです。


高級フィルム一眼には、専用を使うと機能が全て働くので、割高ではあるのですがキレイな写真が失敗無く撮れるので、オススメだったですねぇ、サンパック/ナショナルなどの社外品も同様な機能と互換性も確保しながらの低価格での開発をしていたようで、営業的には大変だったと思います。


前述の一世を風靡したストロボもデジタルカメラの時代になると、機能的に使えないと言う事で 一斉に流れが変わり、高価だったデジカメ一眼も普及機が出回ると、従来の拘りのあるストロボは お役に立てなくなっちゃって・・もぅ いけません。


さりとて、このまま使われずに打ち捨てられるのも、ストロボ好きの自分としては やるせない気持ちです、出来る事なら いまいちど日のあたるところへ出してあげたいのです・・💛


そこで ご提案です、カメラキッズが これまで入手したものや、自分の趣味で集めたものや 買わざるを得なかったストロボ達などを フィルムカメラ好きの皆様の中で 
お使いいただける方に 割安価格で【見切り品】として ご案内の予定でおります。


機械操作の手間が楽しめる、フィルムカメラの楽しさを増幅できる 各種ストロボの魅力を手軽に楽しめるはず・・・と思っております。

                                                  2023年 1月25日    カメラキッズ 大岩道博

|

Carl・Zeiss テッサーとMXシンクロコンパー搭載の スーパーシックス V

          38691a

オーバーコッヘンの Carl・Zeiss 製 テッサーMX付シンクロコンパー載せた スーパーシックス


まず イコンタ物語を駆け足でご紹介しますと
1926年に設立されたツァイス・イコン初のオリジナル製品がイコンタで、
それまでの蛇腹付きたたみ込みカメラは、前蓋兼ベースボードを開け、その内側のレールの上に鳥居(レンズを取り付けたフレーム)を引き出すのですが、それを発展させ、強力なスプリングにより ボタンひと押しで撮影態勢に組みあがるようにしたのがイコンタだったのです。


さて、ご案内のイコンタ スーパーシックス
532/16型はボディレリーズと二重露出防止装置をもち、そのため本来120フィルムで12枚は撮れる筈なのに11枚撮りとなっている、
当初のモデルは距離計窓と 構図用ファインダー窓の併設式・・・つまり「二つ眼」 として登場。


その後
巻上げが自動巻き止めを採用、ファインダーを大きく、ファインダー接眼部を一つにまとめ、シンクロコンパーMXを載せ、ご案内のV型となるのです、 時期的に東ドイツのイエナ・テッサーから1950年にはツァィス・オプトン製になり、1953年にCarl・Zeiss と改名しています。


時系列的な事もあり、誰もが希望する カール・ツァイス銘のテッサーとストロボシンクロが可能な MX切替付きシンクロコンパーシャッターの組み合わせが好ましいと分かってはいても、数が無いので、世界的なコレクターアイテムとなっているようで、イエナ・テッサーやオプトン・テッサー搭載機と比べて かなり 割高 で取引されているとの事。


今回は あるコレクター氏から ご無理をお願いして預からしてもらったもので、イエナ や オプトン では 格安でないと さほど追いかけることなど無いのですが、ツァイス・イコン製 テッサー 搭載機で結構キレイから・・と 聞いて 生来の凝り性と言うか 負けん気が 発動したようです。

 

2023年 1月21日  保管中のネバリなどもあるとの事で、ただいま念の為 レンズ清掃 そして 距離計、シャッターなど整備を検討中です。

2023年 1月26日  整備完成、カメラキッズホームページにて販売中  79200円



|

セミパール Tessar 改:バージョンアップ 型②

          38651

 セミパール Tessar 改:バージョンアップ 型②


カメラ好きなら誰でも一度は「あのレンズがこのボディに付いたらなぁ・・」と妄想するのですが、なかなかできませんよねぇ、でもこの度あるご縁でコニシロクのセミパールにツァイス・イエナのテッサーを取りつけ加工されたボディと 以前からご希望の多かった オリジナル機を揃えて セットでの ご案内としたいと思ってはおりますが、価格が高くなるのではと 修理のオジさん ともども 気を揉んでおります。

さて 衆目一致のパールのすばらしさ・・・目測距離合わせ、3群4枚のヘキサー75mmF4.5をT,B、1/1~1/100
のデュラックスシャッターにマウントしブローニー 半裁を意味するセミを冠名としたシンプルなセミパールが1938年年(昭和8年) に発売されたのです。

 

その後、諸事情で 1949年(昭和24年)にパールと改称、単独距離計/距離計連動/多重露出防止機構/大口径レンズなどを加え、 パールI ・ II ・ III 型と後継機を展開、1958年のパールIV型が 最終機となっていったのです。


日本のレンズがまだまだ模倣段階で完成の域に達せずにいた時期に、小西六は解像度、描写性能も一流とされ、高級レンズとして小西六ヘキサーの名前をほしいままにしたのです。


さて 今回ご案内の セミパールは前述の 1-1/100秒のDURAXシャッターに前述のヘキサー75mm4.5をマウントして載せているのはご存知の通りです、当時の事ですから スペック的にすべての機構が非連動で、フィルム送りにスタートマーク、自動巻き止め式機構や巻上げと連動したオートセットシャッターではないのですが、前蓋部に仕込まれたシャッターボタンなど、必要な機能を無駄のないコンパクトなボディにまとめた セミパールの基本設計は後継機のパールに引き継がれ「パールはエエカメラゃ・・」としてファンが人気を支えているのです。


日本のレンズがまだまだ模倣段階で完成の域に達せずにいた時期に、小西六は解像度、描写性能も一流とされ、高級レンズとして小西六ヘキサーの名前をほしいままにしたのです。 この度そのレンズを取り払って、あの世界的に有名なカール・ツァイス・イエナのテッサーレンズ 7cm3.5 w/に加工された上写真左の セミパール Tessar 改 バージョンアップ型と ご希望の多かった セミパール オリジナル をセットでの ご案内です。


カメラ好きなら誰でも一度は自分なりのオリジナル機に憧れと妄想、でも前オーナーは形にされています、オリジナルを超えたスペックのT.B.1/1~1/500.コンパーシャッターごと取り付け加工され、ボディレリーズも連動し、セミパールオリジナルのデザインと操作を楽しめます、焦点距離の異なるレンズですがピントも調整されておられますから、それなりのところで加工されたと思われます。


2022年12月 24日  念のため、シャッター/各部の動作・整備を済ませてから 2台まとめての 価格決定を予定  もうしばらくお待ちください。
2023年 1月 8日  整備完成カメラキッズホームページにて販売中  45980円

 

|

ビトマチック IIIb ウルトロン 50mm2 搭載機

          38642

探すと、何故か見つからない・・・ビトマチック  IIIb  ウルトロン 50mm2 搭載機

さて、今回は 自分にとっては初めての ウルトロン付きの ビトマチック IIIb型のご案内です、

ビトマチックはフォクトレンダーの35mm判コンパクトカメラ「ビトー」に露出計を組み込み、露出計内部に絞りやシャッター速度と連動して動く追針機構を持たせ、露出決定が容易にできるように進化したカメラです。


製品の品質、たとえば外装メッキの美しさはまもなく50年になろうとするのにまるで新品のような輝きであり、その素晴らしさが手に取るだけでわかるカメラです。


ファインダーは等倍で大きく見やすく、なにより撮影結果の見事さには誰もが感心することでしょう。レンズの良さに加えてボディ内部の反射防止対策が充実しているなど、手抜きなくしっかり作られたカメラだからです。


1966年に登場したビトマチックIIIb型は歴代ビトマチック改良型で、1966年に登場しています。 ボディ構造は前機をほぼ踏襲されており、横幅を抑えるためにフィルムゲート周りは最小に抑えています。またファインダー の倍率を等倍に上げていて基線長の短さを補っているのです。


ファインダーは いまで言う 情報集中ファインダーとなっていて、追針式の露出計、シャッタースピード、絞りが見えるようになっています、便利そうに聞こえますが、目を 「ぐるりっ」と回す感じで確認しますので、確認しようと思えば出来る・・・程度に思っていただいた方が いいかもしれません


前述の通り ファインダー部をさらに性能アップして、品質と性能のいずれもが高度にバランスさせデザインを刷新したモデルになります。


ご存知 ビトーB・BL を発展させ、露出計・距離計連動式機構を搭載、見るからにタフで優雅な造り、シッカリとした質感は、さすがです、 ズッシリと手につたわる完成度の高さ、 またファインダーも大型で明るく見やすいのです。 見かけよりは、意外とコンパクト、そこがまたフォクトレンダーの凝り性と、几帳面さが入り混じってファンを魅了するところなのだ・・・と思っております。


「なんゃ、ビトマチックなんて珍しくも無いし・・」 と思われるかもしれませんが、当機は あのウルトロン50mm2 が載せら
れているのです、良く見かけるビトマチック/ビトー系は50mm2.8か3.5 のレンズ搭載機で、極少数のビトマチックIIIb型 にも ウルトロン搭載機があったのです。


20年ほど前になりますが、「これ、なんぼで買う・・?」とビトマチック  を手渡されカラースコパーと思い込んで返事をしたら「10万違うなぁ・・」と言われたことがある、ブームだった頃のウルトロン搭載機は 稀に見かける程度で 下世話な事を申しますが それはそれは 高価だったのですょ。


また、ビトマチックのファインダーはショックなどで歪み/欠けなどが多く、当機も ビジネスパートナーの言葉通りかどうか、手元に届き確認するまで疑心暗鬼で、気が気じゃあなかったのですょ。

 

外観もメーターの明り取り部の樹脂カバー部にヒビありますが、以外はいい状態で残っていました・・念のためメーター機構/シャッター機構/距離計機構の整備を済ませました、シャッター機構に3ヶ月の保証を付けてのご案内予定です。

何と言ってもレンズが一番ですから、クリーニング後のご案内となります・・しばらくお待ちください。


2023年 1月 2日  クリーニング、動作確認を済ませました、カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円
2023年 1月 12日  売り切れました いつもありがとうございます。

 

 

 

|

ツァイス・イコン  シンボリカ...って知ってる?

          28633

ツァイス・イコン シンボリカ...って知ってる?

 

ドイツメイドのコンパクトカメラの整理中見つけた機械で・・コンティナだと思い込んでいたのか、気に留めなかったのですが、あまりの見事な機械仕上げに シンボリカ・・と言う名前に気付き、ググってみると・・・

 

Symbolicaは、 Zeiss Ikon AGが、独自のTessarレンズとProntormatシャッターを備えた 使いやすい多目的ビューファインダー カメラを確立する試みでした。最初のモデルである Symbolica I は 1959 年に導入され、カタログ番号は 10.0614 でした。

 

その後、デザインを刷新した シンボリカ II (カタログ番号 10.6045) は 1960 年頃に登場し 以前のモデルに取って代わり、後の シンボリカ II は、前モデルを踏襲するように 視差マーク付きの非常に明るい逆ガリレオ光学ブライトフレームファインダーを備えています。

シンボリカ IIは、操作を簡単にするために、露出/距離 決定に 目盛りを使わなくてもいい シンボルマークで合わせるようになっています。機能的にはゾーンフォーカス、プログラムシャッターのビギナー機だと言えます。


ただ...ただ..その機械仕上げの見事さに見惚れて、調べてみると ウェブ記述では 1962年の日本での値段は60,500円で、キャノン7に50/1.2付きの64,500円とほぼ同じです いかに あの テッサー付きとはいえ国産の高級機に大口径レンズ付きとかわらないのでは、よほどのご身分の方でないと手にされることがことが出来なかったはず、と勝手に想像しております。

絞りの操作と言うか 扱い方が、いまひとつ良く分からず悩んでおる次第で・・整備を兼ねて調べる予定でおります。


2022年12月21日  整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 8800円

 

 

 

|

クラシックカメラ用 各社 レンズフード・・・まとめて

          28617a

クラシックカメラ用 各社 レンズフード・・・まとめて

知らない間に ふえるアクセサリーにフードがあります、フード、レリーズ、フラッシュ/ストロボ用 シンクロコードなどなど
作業机の引き出しにポンポン入れては、そのまま忘れておりますので、確認しますと200個近くあるようで・・・

まとめて 【見切り品】としてご案内の予定でおりますが、体積があり送料もそれなりとなりますので 悩むところです、少しお時間をいただきます。

2022年11月25日 修理のオジさん と 経理担当の税理士のセンセ から まとめて売る必要は無いでしょう、単品ずつ でも割安な価格であれば売れるはず、送料も丁寧な梱包を心がければ お客様も納得され、ひとつのカテゴリーと言うかジャンルとして出来上がりそうょ、 【見切り品】はお客様から 「お前とこの 格安品は転売ヤーが買ってるからなぁ 【まとめ売り 格安商品】なんて 奴らの餌食やから・・どうかなぁ、単品ごとのほうが・・」のメールもいただいており、お気遣い感謝しております。

と 言う事で単品案内と言う事で 落ち着きました。 これからも宜しくお願い致します。 カメラキッズ スタッフ一同

 

 

 

|

35mm対応機 リコーマチック 225・・って知ってる?

          28603

35mm対応機 リコーマチック 225・・って知ってる?

リコーの二眼レフと言ったら歯車式ピント合わせの・・アノ 安~いやつ・・と大体返事は決まっているのですが、あのリコーフレックスの後継機に面白い機械があるのですょ


リコーのホームページによると オートマットを採用し露出計意を内蔵した高度な機能を持ち、二眼レフの中では現在も人気のあるカメラ・・・と紹介されています。

225

上のスペックによると35mmフィルムアダプターが装着可能とあります、そのためフィルム装填時の巻き戻しのためのクランクがカメラに付けられているのです。


35mmアダプターはリコーキンと呼ばれていたようで、旧型のリコーフレックス当時にも35mmアダプターがあり、カメラキッズでも一度ホームページにご紹介していますが 瞬時に売り切れましたから、珍しかったのでしょうねぇ。


リコーマチック225でも同様のアダプターがあったようですが、自分は見た事がないので何とも申せませんが、巻き戻しノブの存在が 「
アダプターが揃えば、35mmも使えるのだ」・・・と言うのが 自分には魅力的に見えて たまらなく好きなのです


オー〇〇ンや通販サイトで見かける 値ごろな 動作未確認といわれる ものは
ほとんどが 何処か 何かが不具合で 動かない、ピント固着、ネバリ、沁み込んだホコリ/カビなどダメージのあるジャンク的な機械が多いのですが、リコーファンの自分は 良く作り込んだ機械だと信じ、何とか 整備をし  もう一度日の当たる場所に出してあげたく思っているのです。

はたして・・・?

2022年11月26日  製造番号 No12235 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2022年11月26日  売り切れました いつもありがとうございます

|

ウィスタ 45 D

          28602a

ウィスタ 45 D

大判/中判フィールドカメラと言えば国産ではホースマン、トヨ、ウィスタ、エボニーなどが知られています、各社それぞれの設計思想から独自性を持った機械を開発、お互いがしのぎを削り合って いいものを製造しています。

自分は これが自由主義経済のいいところだと信じております・・・話が少しく脱線気味、話を戻しますと、

この度知り合いのスタジオオーナーから ウィスタ 45D の話があり「手放そうかなぁ」との事でした

          28602b

組み合わせが「ワシの目的に合わせてるから どうかなぁ・・」とお預かりしております、蛇腹を袋蛇腹に換装、フィルムバックは120フィルム規格のクイックスライダーに換装されていますので、この状態では4X5は使えず、折り畳みが出来ません。

長期保存のホコリまみれで届きましたので、清掃/動作点検をしてから・・と思っております。


個人的には好きな組み合わせではあるのです、組み合わせの袋蛇腹はそのままでは折り畳めないのが 残念ではあるのですが、前ユーザーには 折り畳む必要は さほどなかった使い方だったと想像できます、アオリなど大判操作のカメラムーブメント を120フィルムで楽しめるところがいいと思われませんか!


2022年11月24日 整備/動作 確認完了 カメラキッズホームページにて販売中 51,700円

|

コーワ SW

             P1780833 
コーワ SW

時々思い出したように SWに出会うのですが、希望するものが思う値段にならないのが玉に瑕で・・・まぁいいか と スルーすることが多いのですが、この度比較的キレイなものを あるご縁でお預かりすることとなりました

お預かりしたSWは ご尊父様の機械とのこと、さるところでご相談されたらカビで売れないからと、あきれるほどの価格提示されたとの事。 気の合う話し相手から「お前 何とかしたれぇ」・・と お声がかかり・・・で お預かりすることとなりました。

入手時の状態は、ファインダーはカビがひどく、レンズにホコリ多く、フィルターは固着して外れない、巻き上げてレリーズすると次は巻き上げ出来ないなどだったのですょ

修理のオジさんの、あまり使うてないように思えるし、売れるようになると思うワ・・でただいま整備を検討中。

 

2022年11月10日  ただいま整備を検討中、もうしばらくお待ちください。
2022年11月16日  整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXXX円

2022年11月16日  売りきれました いつも ありがとうございます。
                お預かり主様から 過分な買い取り額に感激・・と お言葉をいただきました  うれし~ぃ

 

案内文を模索中に10年前に掲載した 自分のブログを見つけました、ご案内内容は下記の通りになりますのでよろしくお願いします

 6354a  
この個性的なデザインとスペックからクラカメファン衆目一致の人気機種 コーワSW :28mmレンズ搭載の広角専用機です、 手元の資料雑誌によると1964年に広角専用機として4群 6枚構成クセノター変形 28mmレンズとケプラー型実像ファインダーを載せ、目測式距離合わせ・・・だけの何のヒネリも無い機械なのです。

 

 SWを印象付けている 「ひょっとこ・・」 のような実用本位のビューファインダーが人気を引っぱってるそうですが、自分が現役時代には、新品在庫があり、ショーウィンドウ の「肥やし」になってた気がする。 当時は 一眼レフが全盛期で「パララックス補正、距離計も露出計も無い・・どうするの・・」 なんて調子で、どう勧めても売れなかった記憶がある。

 

 今回、あるご縁で、さほど使われる事無く仕舞い込まれていたSWをご案内出来ることとなりました。 競い合うようなクラカメブームも何とか沈静化、価格も落ち着き・・・何と申しますか、売っている方が「 ホッ 」とする。

 

 

|

マミヤ 16 ブラック・・・って知ってる?

           28263

マミヤ 16 (警察用)ブラック・・・って知ってる?

ミニカメラなんて、フィルムは無い・写りもそれなり、メカというほどのものでは・・・といわれながら、でもマミヤ 16/16スーパー系は・・・人が何と言おうが俺はコレが好き・・・と、自分の趣味と合っているので贔屓も入っていますが・・・あのミノックスが斜陽化するなかでも、不思議な人気があるようです。


マミヤは写真家兼発明家の間宮精一氏により1940年に起業、独自の設計思想を形にされ、伝説的なマミヤシックスや本格的な16mmのサブミニチュアカメラ、二眼レフなど、独創性のある製品で有名です、別ブログでもご案内しておりますので、内容的には ほぼ 同じことを書いていると思ってください。


さて・・・写真家兼発明家の間宮精一氏 ならではの切り口から「ミニカメラを作ろう・・」とまとめあげたマミヤ 16 系 の案内です。 さて、この マミヤ 16 はサブミニチュアとしてはめずらしくシャッターがB.25.50.100.200 としたメカニカル構造で、後継機の Super 16 シリーズになると 低速を充実させて B.2.5.10.25.50.100.200 になり
距離・絞りも使えるいわゆるフルマニュアル機で、チマチマしたメカとマッチ箱のような無骨な姿と16/16 super1/16 super2/ 16 super3 と 豊富なバリエーションが自分には魅力で飽きるまで集めたのです。


いつの頃ですか、朝日ソノラマ社の「国産カメラ図鑑」で ブラック仕上げのマミヤ16(警察用)の存在を知り アチコチと探すのですが見つからず、ebay ,ヤフオク、その他通販サイトで出 ていた マミヤ16の黒を 疑心暗鬼ながら 入手すれど、ただ エナメルを塗っただけや、個人の趣味で黒スプレーを吹いただけの まがいモノ だったのです。


今回のご案内は、あるご縁で下写真の マミヤ16ブラックをご案内出来る事となりました、これまで自分が見てきたのとは 明らかに塗装の質が違います、あの当時よく見かけた縮緬塗装で、国産カメラ図鑑に紹介されている、外付けファインダーは付属していません、 ebay で同様な結晶塗装で反射ファインダー用シュー付きが 日本円換算で ほぼ400,000円で出ていました・・・いったい 誰が買うんでしょうか?

          28264
その方面に詳しい・・と言われる方のお話しでは、70年ほど前は政治デモが盛んで、証拠写真対策としてマミヤはマミヤピストルやマミヤ16ポリスといった警察用カメラを少数作ったんやけど、ご用済みになった時に廃棄処分されたらしい、その一部が民間に流れて少数が出回った・・って言われてるんゃ    

どうなんでしょうかねぇ・・・自分の経験から、メーカーってのは部品がある間は何とか製品にするので、マミヤは Made in Occupied Japanのロゴ入りのパーツを 反射ファインダー無しとした 黒のマミヤ16 を 民生用として 組み上げ、市場に流したのではないかと思っております・・ただ自分はそう思っているだけです・・軽く聞き置きいただければよろしいかと・・・。


さて、状態として、外観程度から判断して、一通り楽しまれた後 普通に保存されていたようです、入手時はホコリとタバコのヤニと思われる汚れにまみれ、機械的には全速 B になるだけ、ネバリが気になります。希少性が「売り」ですので、オーバーホール後の販売を予定しております。

 

2022年 9月11日  ただいま整備中 動けばいいのですが・・あと少しお待ちください。

|

«東京精機の Semi Rocket って知ってる?