アヤックス KMZ F-21 KGB Russian Spy Camera

20424_3
Ajax KMZ F-21 KGB Russian Spy Subminiature

アヤックス F-21と正式名で呼ばれるより、KGBの方が分かりやすい機械で、いつもの camerapedia を参考にすると・・・

1951年から1995年まで、 Krasnogorski Mekhanicheskii Zavod(KMZ) 、 Krasnogorskの機械工場で建てられた風上輸送機構を備えた機械式の小型監視カメラだった。

冷戦時代、 ソビエト情報機関KGBとワルシャワ条約の他の国の姉妹組織と共謀して写真撮影をしていた。 その情報写真を得るための 小型隠し撮りカメラです。

Ayaks 1, АЯкс-12 とも呼ばれますが、一般的には、やっぱし KGB が通り名やろなぁ。

20424b_3
カメラボディは約 7×5.5×2.5cm、 3種類のシャッタースピード(B 10、30、100)と
2.8から16マニュアル絞り、

カメラ上部のシャッターボタンを押すことでレリース、ゼンマイによる自動巻き上げ、さらに、右写真のリモートコントロールユニットをカメラの前面に取り付けることができ、それをコート内側、ハンドバッグ内などさまざまに隠し撮りカメラとして使用することができます。       

21mm幅のフィルムを専用マガジンに装填して使い フォーマットサイズは18 x 24 mmと大きくミノックスなどの超小型カメラに比べて鮮明で質の高い写真が得られたようです。 この自動巻き上げ機構などはロボットスターカメラにも明らかにインスピレーションを与えた・・・と紹介されていました。

複数のソースで同一を確認できたわけではないので、事実かどうかともかく、極秘事項を暴露しあうことが国家規模でなされていた時代だったことは間違いないのかもしれない。

スパイドラマのイメージが色濃く残る 前述のリモコンは、単純な構造のわりに、程度の いい動作品は 価格がアウェー状態で手が出せず諦めてきました、

ホントにスパイ映画のように 使われたとは思えませんが、隠し撮りをする方の気持ち・・・よ~く分かるというもの・・。

2018年 4月23日 ただいま動作確認、整備検討中、しばらくお待ちください。

|

思うこと・・・7

20420

思うこと・・・7

飼い犬だった頃・・・ある 我が上司は、楽な仕事ばかり取って数字をあげ、数字にならないことは部下に押し付けられ、定期便で商品が届くころになると、整理作業で手がいるにもかかわらず、不思議と食事に出ていかれる・・・

石川啄木ではないが・・・誰が見ても とりどころなき男来て 威張りて帰りぬ かなしくもあるか…の気持ちになったものです

気持ちが 鬱してくると 先輩だった修理のオジさんをつかまえてはボヤいていたのでしょう、

何かの時に「お前は 人と比較する・・ソレがアカン、他人の心情や節義なんか どうでもええやん…」てなことを言われ、あの時の自分には一服の清涼剤になったのです。


良いところは取り入れ、悪いと思えるところは「あぁならないようにしよう・・」と考えられるようになると、不思議なもので、周りが先生に見えてくる。

反対意見も反省材料に、優れているところは鏡とすれば、今の自分があるのはそのおかげ、

教えてもらったことを役立てて使わないと お教えいただいた方々への反逆になるのではないか・・・。


そんなこんなの繋がりもあり、この7月でコンビを組んで10年目になる修理のオジさんが 事あるごとに 謡うように言う 「機械の修理って元の機構を推察し元へ戻す作業なんょ、でもなインターネットの普及もあり手軽な記述もあるんゃ そんなんって、その時は動くけど・・・のやっつけ修理が結構多いんょ・・」 と。


カメラキッズではオジサンに負担がないよう程度の悪いオークション商品のメンテを避け、納得出来る状態の商品化を心がけてきました。 修理コストの上昇もあり、それを吸収してあの値段で売るなんてお前大丈夫かぁ なんて 心配してくれるのか よく言われる。


事務を預かっていただいてる 税理士のKセンセも、あなたは大丈夫。  前年度は仕入れ高で赤字、 でも 心配しないで、一時的な利益より、安定した顧客・リピーターを大切にされてるから、最後が黒字になっていたらいいの・・」と言ってくださる。

もうすぐ10周年、Be ambitious :大志を・・ではなくて「良くあろう・・」と訳しました、クラーク博士が 大志を・・なんてことをおっしるとも思えず、自分も 親からは「いい子でいて‥」と言われ、我が子、孫にも同じことを言ってる。 

Be ambitious・・・身を立て 名を揚げ やよ励む いい Camerakids であろうと・・思います。   【カメラキッズ一同】

|

ミノルチナ-S

20392a

ミノルタ ミノルチナ-S 

ある ミノルタファンの方から 「機会があればブログに・・」 との声をいただいておりました、 この度入手し、まじまじ眺め調べていくと・・・

ミノルチナ-S(1964年(昭和39年)11月発売)   セレン連動露出計を 内蔵するマニュアル露出の距離計連動式カメラ。セイコーSLVシャッターを装備。 AEカメラが普及してもやや上級向けとして販売され続けていたが機能的にはすでに 時代遅れとなったマニュアルカメラを小型化することにより気軽に高度な撮影 を楽しめることを狙って開発された機種として企画されたようです。

連動距離計、連動露出計、 大口径ロッコールQF40mmF1.8レンズを持ち合わせていながら当時としては非常に 小型のカメラだった。しかし、普及機は自動露出が当たり前となり、 一方本格的なマニュアル撮影をするカメラを小さくする必要はないという風潮があり、あまり売れなかった。【ウィキペディアより抜粋】

そうですか・・売れなかったのですか。 人気って流れのようなもので人が「いい・・」というと何がなんでも良くなるようなところがありますょねぇ、手軽なハーフカメラが人気の時代、タイミングが悪かったのかもしれません。 

いま改めて眺めると結構コンパクト、セレン式連動型定点式露出計、パララックス補正マーク付き光学枠の距離計連動機。

取り立てて特徴が無いように思えます、どこが人気のポイントなのか不思議な気もしますが、自分も「ただ・・姿・かたちに 何となく 」惹かれるところがあるのです。 さて、状態として操作によるスレ・使いなずみは否めませんが、とくに目立つキズ・アタリは無いように見えます。 

修理のオジさんも「メーター死んでないやろなぁ・・」と念を押してくるので「生きてる生きてるでぇ・・」と念を入れて答える。

シャッター整備・レンズクリーニング・距離計調整などを作業中、

コンパクトな40mmの準広角大口径付マニュアル機をお探しの方、宜しくお願いします、
ライツCLの雰囲気を手軽に楽しめそう。 露出計は妥当な反応をします。

2018年 4月12日 ただいま作業中 もうしばらくお待ちください。

2018年 4月12日 カメラキッズホームページにて販売中 XXXX円 

2018年 4月13日 売り切れました いつもありがとうございます。

|

キヤノン シンクロアダプター



P1400875
クラシック キヤノン ファンはご存知のはず・・・

ああこれは・・・と思われる方は、クラシックキヤノン党であることを自他ともに認めておられることと存じます。


P1400878
キヤノンのレンジファインダー機IIDにFP接点ダイレクトシンクロを備えたIIFが登場、その後X接 点のシンクロ付きのIVSbが登場し、フラッシュ撮影が一般化する流れの中・・・」


さらに、X接点を備えたキヤノンIIF IVSbをお持ちの方は興味を持たれるレアなアクセサリーなのかもしれません、ただいま動作確認中・・・正確な商品名が特定できませんが、ここではシンクロアダプターとでも言ったということにしておきませう。

ずいぶん前から気にかけて探していたのですが、探しているときは不思議と見つからず、何気なくたずねる同業者が持っていたりするのです。 

2018年 2月 4日 動作確認中、もうしばらくお待ちください。
2018年 4月19日 カメラキッズホームページにて販売中 4410円


|

マンフロット ミニボールヘッド 352

20333a_2

マンフロット ミニボールヘッド 352

カメラを扱う楽しさの中に、アクセサリーがあります、製造メーカーも多く、その時々の中で工夫された物や、なるほど・・これは絶対便利・・と感心させられたり、違った切り口からの工夫など、集めて、揃えて楽しめます。

マンフロット製品の中では小型雲台なのでしょうか mini ball head というカテゴリーで分類されています、 わが国の趣味写真のアクセサリーでは中型自由雲台のカテゴリーに入ると思われます。

なんの変哲もない自由雲台に見えるのですが、特徴があります、ステージと 底部に1/4インチ(小ネジ.日本規格)と3/8インチ(太ネジ.ドイツ規格)の両ネジを装備、雲台側の太ネジにはスプリングが内蔵され、小ネジが押し出されてくる構造。

底部も同様に二重のネジが切られており、スプリング仕掛けで両ネジに対応するのです・・・この機構はライカの自由雲台の一部にあるのはご存知の通りですが、まさかイタリア製の三脚に組み込まれているなんて考えもしなかった。

あるコレクターとの雑談中 両ネジ対応ライカ雲台が話題になり、30年ほど前のモデルの一部に同機構付きマンフロットの存在を知ることになって、長年気を付けているのですが、まず見つからない。

世の中って捨てたもんじゃありませんねぇ、見つかったのです・・それもデッドストックの美品が!

個人的にやたら嬉しいというか こどもみたいに わくわく している自分が可愛い!

念のため、各機材に接続しての動作確認後ホームページへの掲載予定。

2018年 4月 2日 もう しばらくお待ちください。
2018年 4月 2日 確認完了 カメラキッズホームページにて販売中 XXXX円

2018年 4月 5日 売り切れました、いつもありがとうございます。

|

サンダーソン トロピカル と レザー仕上げ

P1400445_2
サンダーソン トロピカル と レザー仕上げ

1年ぶりのご紹介・・・国産の組み立て暗箱とは一味も二味も違うと言われております

毎度のイントロで恐縮です、お時間に余裕のある方は3分ほどお付き合いください、


過日、NOVAのセンセとクラシックカメラの話をした中で・・・「1900年前後はカメラといえばイギリスが中心として栄えた・・・趣味写真としてかなり高級で富裕層対象の機械が多く、家具・金属加工などさまざまな職人によって実用はもちろん、品と質と優雅さを兼ね備えたものだった」

その後、高価で手間のかかる木製に代わって板金組立による金属製が登場・・・1930年頃から時代はドイツへ移ります、 いまほどの金属処理技術は無くどうしても湿気に弱くサビなどのため寿命も短く、木製カメラは金属に比べると湿気に強く、いつしかトロピカル・・って呼ばれるようになっていったらしい。 

 

板金からダイキャスト、ペイントからメッキ技術と緻密な工作精度を国家規模で完成させ1940年からは1970年頃はカメラといえばドイツと言われた・・・と個人の切り口からの意見を話してもらったことを思い出す。

 

その後を我が日本が引き継ぎ小型で自動化を目指し、便利ではあるのですが、英国→ドイツ→日本と移るにつれ品と質と優雅さは失われ、価格的にも大切にしなくなり、流行に流されっぱなし・・・これからどうなってゆくのかチョッと気がかり。


話をもどして・・さて、前述のアンティークで 品と質と優雅をそなえた佇まいの 古き良き時代のイギリス・サンダーソン製木製カメラ、


搭載されてるレンズ、シャッターも時代が異なり、露出スペック的には まぁ 使えたとしても、正直・・フィルムも無い、実用条件も叶うわけでは無いのですが、存在感は絶大です。 


小型で実用的な便利なものばかりを作るよりも、必要なものを守っていくことも 大切な気がする・・・今は そう思う。


年代もあり、ネバリ、カビ、使いなずみは否めず、念のためシャッターその他を整備中、もうしばらくお時間を頂きます。

 

2018年 3月22日 ただいま整備検討中、完成後カメラキッズホームページにて販売予定。

|

コーワ、オリンパス、ウェルミーなどワイドカメラ アレコレ

20078
コーワ、オリンパス、ウェルミーなど広角専用機 アレコレ

広角ブームの先駆者は何といっても・・・世界初となる広角レンズを載せた35mm判カメラオリンパスワイド、ノブ式のフィルムの巻き上げ機構を装備し、昭和30年(1955年)に登場します、


まだまだカメラが貴重品の1950年代、レンズ交換式の高級カメラでしか撮ることのできなかった ワイド写真が、ライカ・キヤノン・ニコンに比べ手軽に美しく撮影できるオリンパスワイドの 登場はは爆発的な人気を集め、その後、不思議と、流行といいますか・・ワイドと名の つくカメラがウェルミー、カロ、リコー、ワルツ、ミノルタそしてコーワが参入・・・ ワイド全盛時代が出来上がってしまったのたのです・・・このあたりの物語は各誌で上梓されている通りです。

広角の魅力というか、便利さに慣れてしまうと、眼が広角になって「こうすればジャマな背景を消せる、近づけば主要被写体をさらに強調できる 」 なんてことを考えずとも、体が勝手に動くのです・・・いいですょ

また、話が脱線気味・・・、今回、
あるご縁で広角に特化したカメラを取り混ぜてご紹介出来ることとなりました、前ユーザー様は、どちらかというと持ち出すことはなかったようで、眺めて楽しんでおられたとの事…コレクターでなくても 自分を鑑み その気持ち良く分かるというもの。


状態として、各機とも年代なりの固着、ネバリで どちらかというと 満足に動かず不具合だらけ・・・動けばいいのですが。


2018年 3月16日 整備を検討中、完成後カメラキッズホームページで販売予定。

2018年 3月23日 コーワSW 整備完了 カメラキッズホームページにて XXXXX円
2018年 3月23日 売り切れました いつも ありがとうございます。
2018年 3月23日 ウェルミーワイド 整備完了 カメラキッズホームページにて XXXXX円
2018年 4月23日 売り切れました いつも ありがとうございます。

 

|

戦前? 戦後間もない頃の・・・セミレオタックス

20070

戦前? 戦後間もない頃の・・・セミレオタックス

おっ セミイコンタ いや セミネッター・・・遠目には、一見そう見えます、はたして・・・

「 レオタックス 」と聞くと頭の中では 嗚呼・・バルナックのコピー機か と反応するのですが、セミレオタックスと言う名前は自分にとって聞きなれないの名前で・・・なにかれとお教えいただいた先哲、先輩コレクター諸氏もレオタックスといえばライカコピー一辺倒の返答だったのですょ、

20年近く前は ライカブームもあり、折り畳みカメラのコピーなんぞに関わってるどころじゃあなかったのかどうか、今となっては何とも言えず、この度のセミレオタックスご紹介は頼りにしているウェブ上の camerapedia 関連の受け売りになりますがご容赦、関心をお持ちの方はその方面をお調べいただきますようお願いいたします。


1940年頃には発売されていたとの記述がありますから・・あの戦争が始まる前です、昭和光学精機株式会社によりツァイスの折り畳みカメラ セミネッターを模倣したというか 見本とした ストレートコピー機をセミレオタックスとした最初のモデルが発売され、その後折り畳みファインダーから固定式に、更に非連動ではあるのですが距離計を載せた、メスイコンタの機能を模倣したモデルへと発展していったのです。

昭和光学はライセンス料を払ったのでしょうか、気になるところです。あの戦争で敗戦国となったドイツは特許権を失い、世界中でコピー機が蔓延することになるのは‥ご存知の通りです。
20082

ウェブ記事によると、当機は一直線のタスキと折り畳みファインダーとした初期頃のモデルと思われます、その後の戦後モデルはタスキがイコンタ風のY字型を採用し後継機を展開したと、ひとくくりで紹介されているのですが、


いつもの camerapedia には、詳しく研究された記述となっていました。


右写真の通り戦前には自動停止付きのモデルも存在したしたのですが、戦後に作られた最初のセミ・レオタックスは、自動停止装置が作られず、二つの赤窓式だけとなり、
貼り革に古い六角形のSEMI LEOTAX ロゴがあります


レンズとシャッターに関して、当初はRiese-Anastigmat
(のちにRieze-Anastigmat に変更)を搭載、リーゼまたはリーズアナスグマットと読むのでしょう、シャッターは Torio と記されていま


最も初期の戦後モデルには西田製のWester-Anastigmat 75mm f / 3.5レンズが付いています。
シャッターは同じメーカーのNorthter (T、B、 1-200、セルフタイマー)です。 シャッターの前面プレートには、上部に刻印されたNORTHTERという名前が付けられていました。


Norther
シャッターはすぐにWester(T、B、 1-200 、セルフタイマー)に置き換えられ、フロントプレートの底にはシルバー文字でWESTERマーキングが付けられ、スピードの底にはイニシャルNKKが刻まれている。
 【camerapedia 参照 】


どうも、camerapedia の記述の方がソースもはっきりし、それなりの根拠も記されているので信用できるのではないか、レンズの違いはその時々で名前を変えたり、供給先や販社の諸事情によって変えたのではないかと・・・いうことにしませう。


戦後初期のセミレオタックス、 ツァイス社のネッターを見本としたのは間違いないようです。

2018年 3月15日 内容・機械動作の確認中 少しお時間をいただきます。
2018年 3月19日 内容も分かったところで、動作など点検整備中、もうしばらくお待ちください。
2018年 4月17日 カメラキッズホームページで販売中 XXXX円

2018年 4月23日 売り切れました いつもありがとうございます。

 

|

東京光学 ミニヨン

60064

東京光学 ミニヨン II 型

ミニヨンII型・・・127規格のフィルムを使い4X5㎝フォーマットの機械として、1939年に発売され、戦後も作られた4×5cm判カメラであると、トプコンクラブのウェブページに紹介されています、

それによると レンズはトーコー・アナスチグマット6cm f3.5で、シャッターは精工舎のリヒトが装着されている。巻上げがI型後期のモデルから自動巻き止めになり、ファインダーもニュートン式が装着された。
 
背面には月ごと・撮影条件ごとのおおよその露出換算表が貼り付けられ、これをケースの裏側の一部分を倒してすぐに見られるようにしているのは親切である。といっても、シャッタースピードがB・T・25・50・100しかない上、当時のフィルム感度を考えるとおのずと撮影場面は決まってきそうではある。

このカメラの特徴はゲルトやボルダ判のカメラ同様、フィルムを軍艦部を外した上面から入れてセットすることである。
 
軍艦部のみならず、各部にレバーやボタンが付けられ、ワンタッチでファインダーや正面のカバーなどが開くようになっている。

4X5というフォーマットのため127フィルムには裏紙に対応する番号がなく、自動停止が早くから採用されることになったようです。【 トプコンクラブ記事参考 】


さて 操作方法としては二眼レフと同じで、まず初めに背面の赤窓でスタート点を合わせ、以降軍艦部後部のボタンを一度チェックしてストップするまでダイヤルを回せば自動巻き止めになる…結構よく出来ていたのです。

このたび、比較的程度のいい白黒セットをあるご縁でご紹介出来ることとなりました。

外観はキレイのですが、ネバリ、固着など動きがいまひとつ・・

2018年 3月 8日 整備を検討中、完成後セット販売を予定、しばらくお時間をいただきます。
2018年 3月13日 整備完了 カメラキッズホームページにて販売中 41790円

|

引き伸ばしレンズ・・・アレコレ

20037a

引き伸ばしレンズ・・・アレコレ

昨年末 倉庫の大掃除と整理を兼ねて改修したとき、10年近く前にしまい込んで 忘れていた引き伸ばしレンズが出てきました。

あの頃に某国のビジネスパートナーとの商談と情報交換中、おたがいの思惑が一致したのか、思い出すようにシュナイダー、エルネマン、ダゴ-ル、ローデン、メオプタ、ウィロンなどと、輸出された日本製の引き伸ばしレンズを 「Hi you might like these・・・」と送ってくれていたのです。


当時はミラーレスデジタル一眼が黎明期で、20037b マウントアダプターなどの関連アクセサリーが出揃っておらず、右写真のレンズを 様子見・・のため倉庫へしまい込んで、忘れるといういつものパターン。

何と申しますか‥忘れたことを忘れている自分が情けない、


修理のオジさんは 「たしか、この倍くらいはあったんとちゃうか?」 なんてことを言う・・・嗚呼 年は取りたくない。


いまならミラーレスカメラも、関連のマウントアダプターやその他アクセサリーも出揃って、思い思いの組み合わせが手軽に楽しめそうです。

保管中の積年のホコリなど気になります、

整備後 順次 ご紹介してまいります、気長にお待ちいただきますようお願い申し上げます。

|

«キヤノン 7S 50mm1.4